トラベルズー旅研~Story~

  1. 今ロングステイが熱い!?ご意見お聞かせください

    今年発表されたロングステイ調査統計にて、日本人の海外ロングステイ人口(推定値)は、過去最高の162万3千人(前年比0.8%増)となるなど、“今ロングステイが熱い”という情報を入手。

    続きを読む.
  2. 日本の常識が海外の非常識!? 目指せスマートトラベラー

    海外旅行先で日本では当たり前なことが海外では通用しない、ということに遭遇したことがある人も多いのでは?事前に知っておけば安心ということで、海外旅行添乗員経験者も多いトラベルズー社員に添乗員あるあるを聞いてみました。これをマスターしてれば賢く旅を計画し賢く旅する人=スマートトラベラーとなるはずです。

    続きを読む.
  3. 景色も休息も移動も叶う、おいしい列車旅

    トラベルズーストーリー/旅の達人ブログ:列車旅ならばおしゃべりに夢中になったり、お酒を飲んだり、疲れたら寝たりと自由に過ごすことできます。さらに、列車の中で美味しいものが食べられるとしたら!レストラン列車は車窓を楽しみながら美味しいものが食べられる一石二鳥旅の紹介。軽井沢~長野間のレストラン列車ろくもん乗車体験

    続きを読む.
  4. 旅先提案: 日本と海外で180度違う“大人のたしなみ”デビューなら?

    あっという間に12月。師走のイベントは数あれど、1日に10万人が来場する大興行でありながら、盛り上がりが一部に留まるイベントといえば「有馬記念」ではないでしょうか。まだまだギャンブルとの認識が強い競馬ですが、海外では“上流階級のたしなみ”として親しまれているのも事実。そこで今回は、競馬を鍵とした旅行へのお誘いです。

    続きを読む.
  5. 有休ゼロ・週末0泊海外にチャレンジした話

    トラベルズーストーリー/旅の達人ブログ:とにかく海外に行きたい!でも旅行に行きすぎてちょっと有休が取りづらい…有休は大事に使いたい…。旅好きなら、一度はこう思ったことがある人もいるのでは?その悩みを解決するのが“週末海外”、さらに究極は“週末0泊海外”。でも、「0泊って物足りなくない?ハードじゃない?」という疑問も。

    続きを読む.
  6. 現地ガイド経験者発・ガイドブックに載っていないカナダ5つの秘密

    住みやすい都市の常連でもあり、トラベルズーメンバーからの人気も急上昇中のカナダ。ナイアガラの滝、多文化なトロントの街、紅葉の名所ローレンシャン高原……と東カナダは魅力がたくさん 。私は以前、東カナダで現地ガイドとして、日本からの観光客を案内していました。ガイド経験者だからこそ知っている、「実は」な情報について紹介します

    続きを読む.
  7. 知ってたら貴方も旅のプロ!初登場が待ち遠しい秘境リゾート

    トラベルズーのTop 20では、旅のプロがとっておきのプランを毎週20本厳選しており、これまでご紹介してきたプランは数千本にも上ります!それでもまだまだ“初登場”プランが毎週登場しており、メンバーからは「旅好きだからこそ、まだ知らないディープな情報が欲しい」という声も届いています。

    続きを読む.
  8. 「いつか」じゃ遅い?“今だけの島”の行方

    2019/10/26、オーストラリア内陸部にある世界遺産の巨岩「ウルル(エアーズロック)」への登山が恒久的に禁止されました。閉鎖を経て再び訪問可能になった場所や、これから渡航禁止または渡航に制限がかかる可能性のある場所を調べてみました。

    続きを読む.
  9. 2023年ラグビーワールドカップの開催国は?

    今年日本が初のベスト8進出を果たすなど、盛り上がりを見せたラグビーワールドカップ。“One team”や“ジャッカル”など今年の流行語大賞にもノミネートされた言葉も出てきましたね!今回日本で広まったこの“ラグビー熱”を絶やしたくないという想いから、“旅行にも使える”次回開催地の情報を集めました。

    続きを読む.
  10. ハワイ旅行で今や必須のアイテム おすすめ5選

    トラベルズーストーリー/旅の達人ブログ:来年7月からプラスチック製レジ袋が有料義務化。ハワイではいち早く2015年7/1より有料化で、2018年7/1からは法律が強化。ハワイでおなじみのABCストアの袋を持った人が激減。そんなハワイではエコバッグが必須アイテムで、Whole Foodsなどおすすめを紹介

    続きを読む.
  11. 素通り厳禁!編集長が後悔した街

    提供元:JAL/関西国際空港  旅好きが集まるトラベルズー編集部はいつも旅の話題でもちきりです。エンタメやアミューズメントパークにとどまらず、ショッピング、ビーチ、スポーツまでなんでも揃うロサンゼルスの魅力を編集部員が編集長へプレゼンをすることになりました。

    続きを読む.
  12. 「次の旅先どこ行こう?」そんなあなたに提案です

    突然ですが、こちらのイケメンをご存知ですか?即位礼正殿の儀の際に「このイケメンは誰!?」と世間をにぎわせた彼は、ブルネイのマティーン王子。インターネット上では「これをきっかけにブルネイという国に興味が湧いた」という声も上がっています。実はブルネイ、今年2019年に日本からの直行便が就航した、最旬の旅行先。

    続きを読む.
1 2 ... 13 >>