雨男・雨女の克服方法

2018/12/17

自分が雨男・雨女と悩む人も多いのではないでしょうか。実は、株式会社ウェザーニューズが発表した「全国雨男・雨女調査(2010)」によると日本人の3人に1人が雨男・雨女と感じていることが判明。かく言う私も雨女に悩む1人で、沖縄に3日間行けば3日間とも雨に降られ、ニューヨークでは突然の豪雨でびしょ濡れに。自分が雨女だと信じたくはないけれど、きっと雨女です。

雨男・雨女の克服方法とは?
「どうにかして雨男・雨女を治したい!」そう思う人は多いようで、インターネットで検索すると予想以上の数の検索結果が。「てるてる坊主を作る」というような可愛らしいおまじないから都市伝説まで多々ヒットしましたが、なかでも多かったのが「神社への参拝」でした。雨男・雨女に効くと言われている神社は例えば…

  • “日本唯一の気象神社”と言われる東京・高円寺の氷川神社

  • 降雨・止雨を司る龍神を祀る京都の貴船神社

  • “晴れ乞い祈願”ができる奈良の寄足山・生蓮寺

雨でも旅行は楽しめる
それでも、てるてる坊主を作ったって、神社でお祈りしたって、雨が降るときは降るものです。そこで、次は雨でも旅行が楽しめる方法をご紹介。

  • 「お天気保険」に加入する
    最近は「雨が降ったら●円キャッシュバック」という独自の保険を展開する旅行会社や宿泊予約サイトも登場。これならむしろ雨が降ってほしい気も…?
  • 贅沢おこもりステイ
    国内旅行なら、温泉付き客室に宿泊してプライベート空間で1日中温泉三昧。海外旅行なら、雨を見越して高級ホテルのスイートルームに宿泊して、優雅にホテルディナーを楽しむのも大人ならではの旅行の楽しみ方です。
  • No Rain, No Rainbow精神
    “雨が降らなけらば虹は出ない”まったくその通りです。これはハワイのことわざで、「ハワイ滞在中に虹を見られるとハワイにまた来ることができる」という言い伝えもあるほど。虹のように、雨が降らなければ出会えない絶景もあるのです。

雨男・雨女でもいいじゃない
雨男・雨女でお悩みのあなた、まずは神社へ参拝してみてはいかがでしょうか?それでも雨が降るなら、あとは気の持ちよう。「雨が降ったからキャッシュバックだ!」「雨が降ったから虹が見れた!」とポジティブに捉えられれば、雨男・雨女も卒業です。気軽な気持ちで克服方法を試しつつ、雨を楽しんでみては?


最新のトラベルズーストーリーはこちら


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ