東京・羽田発/フランス・パリ

¥600,000—ANA直行便 往復ビジネスクラス利用 五輪ムード高まるパリ6日間 スーペリアホテル泊

Ai Yasuda
オリンピック&パラリンピック直前直後の7~8月発、祭りムード漂う夏のパリへ。航空券代よりお得な日程あり、羽田から往路朝発&復路午後着

旅の提案

4年に1度の祭典開催が迫り航空券代・宿泊費が高騰するなか、5つ星エアラインANAの往復ビジネスクラスで行く夏旅パリ6日間が600,000 円にて(燃油サーチャージ別 目安70,000円)。羽田から直行便を利用し、現地では旅行会社基準のスーペリアクラスホテルに滞在します。プラン日程は五輪開催期間とは重なりませんが、オリンピック・パラリンピックの開催直前&直後の日程となる7~8月発から選択可能。出発日によっては、航空券代だけで600,000円以上必要な日程も含まれている点を確認しています。

編集部からの一言 直近7~8月発のほか、別代金にて11月~2025年3月にも設定日があります。

この旅で体験できること

  • 羽田発着、ANA直行便ビジネスクラスを利用
    13時間半~14時間半かかるパリへの往復直行便フライトは、5つ星ANAのビジネスクラスで快適に。座席は全席通路側スタイルのスタッガードシート配列で、もちろんフルフラットになります。機内食は、すっきりとした味わいに仕上げた豚角煮がメインの和食、または牛フィレ肉のソテー・太刀魚のハーブパン粉焼きがメインの洋食からなる夏献立を。小腹が空いた時には、一風堂のヴィーガン対応ラーメンや親子丼などの軽食メニュー、シャンパンやANAオリジナルメニューを含むドリンクを好きなタイミングで頼めます。
  • 出発前の待ち時間はラウンジにて
    往路は9:35発のフライトを予定しているため、羽田空港への到着は早朝に。「ANA SUITE LOUNGE」の個室ブース等でゆったり過ごしつつ、時間帯によって提供内容が変わる「SUITE DINING」や、ブッフェ・ヌードルバーなどで軽く食事を済ませることも。第2ターミナルのラウンジであれば、バーテンダーによるドリンクサービスもあり。パリの空港ではスターアライアンスラウンジが利用可能です。
  • 五輪直前&直後の滞在で、関連観光も満喫
    いよいよ開催が迫るパリ五輪は、オリンピックが7/26~8/11、パラリンピックが8/28~9/8の予定。エッフェル塔やコンコルド広場、ヴェルサイユ宮殿なども競技会場となり、定番の観光スポットでも普段とは異なる雰囲気を味わえそうです。五輪開催に際し、夏の風物詩パリ・プラージュでは例年よりも開催エリアを拡大してビーチ気分を味わったりスポーツを楽しんだりできるほか、ルーヴルをはじめ企画展示を行っている美術館等も多数。”今年だからこそ”の観光要素を見つけて楽しんでみては。

This offer is booked through, and is therefore subject to, the travel or entertainment provider's terms and conditions, including but not limited to refund and cancellation policy. Become a member to see all offer details and learn how to book.

¥600,000

詳細を見る

旅行日程

7/17、20、8/17、20、22(別代金 11/9~2025/3/27の指定日)

お得度

航空券代よりもお得な日程あり

人気のページ

¥600,000—ANA直行便 往復ビジネスクラス利用 五輪ムード高まるパリ6日間 スーペリアホテル泊

¥600,000

詳細を見る