大阪・関西国際発/ポルトガル・ポルト、アヴェイロ、コインブラ、オビドス、リスボン、スペイン・サンティアゴ・デ・コンポステーラ

¥379,800—関西発 悠久のポルトガル紀行8日間 大航海時代のロマンや街全体が世界遺産 12食付

Shiho Watanabe
4つの世界遺産を巡るポルトガル8日間の旅。王侯貴族ゆかりのホテル泊やスペイン日帰り観光も含まれた添乗員同行ツアー

旅の提案

大航海時代の足跡や地区そのものが世界遺産など、歴史情緒あふれるポルトガルを満喫する旅へ出かけてみませんか。中世の街並みや4つの世界遺産を巡り、貴族邸を改修したホテルの宿泊1回や世界中から巡礼者が集まるスペインの“聖地”、ポルトガル郷土料理を含む12食が付いた8日間ツアーが379,800円にて(燃油サーチャージ別 目安74,000円)。関西国際から添乗員が同行するので、言葉の不安もなく、旅のプロから直接旅行情報を入手できるのもポイント。類似の添乗員同行ツアーと比較して最安値であることを確認しています。

編集部からの一言 【さらにお得な日程もあり】残席は限られていますが、9月発なら37万円以下で予約可能です。

この旅で体験できること

  • 4つの世界遺産を含む、効率よく巡るポルトガル観光
    街全体が世界遺産のポルト歴史地区や世界三大巡礼の1つでもあるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ、創設700年のコインブラ大学、大航海時代を象徴する金字塔のジェロニモス修道院の4つの世界遺産を訪れます。そのほか、カラフルな縞模様の家々が建ち並ぶコスタノヴァ、“中世の箱庭”オビドスなど、絵になる街並みも見逃せません。
  • “ポサーダ”4つ星ホテル1泊&ディナー込み、郷土料理含む全12食付き
    ポサーダとは、王宮や古城を改修した宿泊施設のこと。このツアーには『コニンブリガ オテル ド パソ』のポサーダ宿泊とホテルディナー1回が含まれていて、王侯貴族ゆかりの宿での滞在を満喫できます。また、アロース・デ・パト(鴨のごはん)やバカリャウ(干し鱈)、イワシのグリルといったポルトガル名物料理含む12食も込み。
  • 観光ベストシーズン、リスボン自由行動で街歩きもおすすめ
    10月のポルトガルは、平均気温18.5度前後と過ごしやすい季節。首都リスボンでは終日自由行動もあるので、街歩きを楽しんでみては。ジェロニモス修道院より電車で3駅の場所にあるリベイラ市場は約50店舗が並ぶグルメスポット。そこから電車で2駅で買い物にも便利なロシオ広場はポルトガルの観光拠点。添乗員同行なので、現地の旅行情報を聞いてみるのもおすすめ。

This offer is booked through, and is therefore subject to, the travel or entertainment provider's terms and conditions, including but not limited to refund and cancellation policy. Become a member to see all offer details and learn how to book.

¥379,800

詳細を見る

旅行日程

10/18、25(別代金 9/20、27)

お得度

添乗員同行の類似ツアーと比較して最安値

人気のページ

¥379,800—関西発 悠久のポルトガル紀行8日間 大航海時代のロマンや街全体が世界遺産 12食付

¥379,800

詳細を見る