販売終了

この情報は10 月 15 日 00:00に掲載され、11 月 12 日 23:59に終了となりました 掲載終了
栃木・日光

¥9,800 – 土曜含む全日同額 乳白色の源泉かけ流し 選べるUP客室 ご当地鍋など2食付 1室1.1万得

ほのかな宿 樹林
Top 20 – 予約はお早めに
『ほのかな宿 樹林』 露天風呂 イメージ
Aki Sato
旅のエキスパート
奥日光の名湯注ぐ温泉旅館にて、50平米吹き抜け洋室含む2タイプ客室から同額で選択。豆乳しゃぶしゃぶ含む2食付き

内容

【更新情報 10/17 18:58現在】好評につき、11/17-18,21,23,30,12/21,2020/1/11は満室となっています。

日本有数の濃度を誇る硫黄泉が湧く“日光の奥座敷”こと奥日光湯元温泉。その名湯が森林露天風呂に注ぐ『ほのかな宿 樹林』が、トラベルズー限定プランを発売。50平米洋室または広縁付き和室泊から同額で選択でき、栃木県産和牛の豆乳しゃぶしゃぶ会席と和朝食2食が付き9,800円。11/23、30、12/21、2020年1月の土曜を含め全日同額で、公式サイトの同条件プランと比べて1室最大1.1万円以上お得です。

[予約・詳細を見る]

==========

  • 100%源泉かけ流しの硫黄泉が自慢の『ほのかな宿 樹林』
    隠れた温泉地・奥日光に佇み、シカやアナグマなどの野生動物も遊びに来ることがある大自然に囲まれた宿。昼は森林浴、夜は満天の星、冬は雪見露天も味わえる自慢の露天風呂は、宿泊予約サイトのクチコミコミ平均4.2の高評価です。
  • 広々と寛げる「樹林棟」の特別客室を選択可能
    特別客室の「樹林棟」2タイプから選択でき、広さ50平米、高さ5mの吹き抜け天井を持ち、開放感たっぷりの洋室と、広縁付きのゆったり和室が同額。大きな窓の外には、季節の移ろいで表情を変える樹林が広がります。
  • 栃木県産和牛のしゃぶしゃぶ付きランクUPディナー含む2食付き
    夕食は上級プランの栃木県産和牛の豆乳しゃぶしゃぶをメインとした和会席。柔らかいお肉と白だし豆乳の優しい味で、身体の芯まで温まります。朝食は、料理長が素材を吟味した和定食。
  • 送迎バスや観光フリーパスを活用して雪道も不安なし
    首都圏各地~日光湯元温泉間の送迎バス「湯けむり号」(往復3,000円、要事前申込み)を利用すればアクセスも楽々。このプランと合わせれば、交通費+1泊2食で計12,800円という破格での温泉旅が叶います。電車利用なら、東武バスの「湯元温泉フリーパス」(2日間3,000円)を使うと東武日光駅~湯元温泉往復だけでなく、中禅寺湖や華厳の滝の観光も冬道の運転不要で満喫できます。

温泉目的の宿泊客が多い宿ですが、12月下旬からは隣の「湯元日光スキー場」でウィンタースポーツも楽しめます。幻想的な中禅寺湖や、氷柱が凍り迫力のある華厳の滝も冬ならではの景色。大自然に囲まれたにごり湯と鍋で“ほっこり”温まる奥日光への旅はいかがですか。

* ※表示は2名1室利用時の1名料金(消費税・サービス料込み)です。
※入湯税150円が別途必要です。
※参考価格や価格比較の内容は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。類似プランとは、タイトルの表示料金の設定がある出発月にて客室タイプや食事条件が同内容のプランを指しています。
※本記事では9,800円の宿泊プランを紹介しています。タイトルの表示料金にてリサーチを行っております。リンク先では別料金の設定がある場合もあります。
※本記事では旅行契約の申込みは受け付けておりません。予約・問合せはリンク先の提供元にご確認ください。
※写真はイメージです。

¥9,800

販売終了

この情報は 11 月 12 日 23:59 に掲載終了となりました。

旅行日程

10/22、11/1~30、12/1、12/20~22、27、2020/1/4~26の指定日

お得度

公式サイトの同条件プランと比較して1室最大1.1万円以上お得

予約方法

ほのかな宿 樹林でオンラインで予約する

名古屋・大阪方面からのアクセス

【送迎バス利用の場合】
首都圏各駅より「湯けむり号」にて片道約5時間半~6時間 往復3,000円(宿泊日7日前までの完全予約制)
※「湯けむり号」はおおるりグループ・こまどり交通が運行する、全席指定の乗合いバスです。[バスの詳細を見る]

【電車利用の場合】
新宿駅から東武特急スペーシア利用、下今市駅で乗り換え東武日光線利用、東武日光駅で下車し路線バス(日光湯元温泉行)で約70分、日光湯元温泉バス停下車徒歩約4分(送迎可・要連絡)。JR利用の場合は、JR宇都宮駅からJR日光線を利用してください

【車利用の場合】※駐車場無料
東京方面から首都高速道、東北自動車道、日光道・宇都宮ICより国道120号経由。片道約2時間50分
※冬季は必ずスタッドレスタイヤかチェーンをご用意ください

閲覧履歴

人気のページ