長野・軽井沢

¥9,700 – 独占50%OFF 軽井沢125年の品格 VIPが愛した『万平ホテル』UP客室×4.1千円相当朝食

万平ホテル
Top 20 – 予約はお早めに
Aki Sato
旅のエキスパート
“125年の品格”に宿泊。軽井沢名門ホテルにて52平米ツイン泊、4,158円相当の伝統朝食付き

内容

都心から約70分の高原リゾート・軽井沢に佇む、各界VIPが愛した名門クラシックホテル『万平ホテルにトラベルズー限定50%OFFの独占割引プランが登場ワンランク上の52平米別館ツイン泊、ブッフェでは味わえないフルサービスの朝食付きで9,700円のプランはほかにはなく、公式プランと比較して最大1室19,400円お得。新緑輝くベストシーズンの軽井沢で、伝統ある『万平ホテル』に泊まるチャンスです。

[予約・詳細を見る]

==========

  • 125年の時を知る軽井沢の名門クラシックホテルに滞在
    高級避暑地として知られる軽井沢のなかでもとくに静謐な別荘エリアに佇み、ジョン・レノンや政界要人らVIPに愛されてきた『万平ホテル』。今年で創業125年を迎え、国内外のホテル通にもその名を知られる、品格にあふれた名門クラシックホテルです。
  • ワンランク上の52平米別館ツインルームが唯一の1万円以下
    通常客室よりワンランク上の52平米別館ツインルームに滞在。1泊朝食付きで1万円以下のプランはほかになく、公式サイトと比較して1室最大1.9万円お得です。各界VIP御用達の上級客室「ウスイ館」のクラシックタイプおよび書斎タイプは12,300円で予約でき、こちらも最安値を確認済み。
  • 朝食は伝統のアメリカンブレックファストor和定食
    朝食は、オーダーごとに調理するフルサービスのアメリカンブレックファストか和定食から選択。アメリカンブレックファストの場合は、旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーにて軽井沢町のイタリアン・フレンチレストラン86軒中1位(5/15時点)のメインダイニングで食事できます。また、本プランにはフレンチまたは中国料理のディナーコース20%OFFチケットも付きます。
  • 夏にいっそう輝く“幸福の谷”とカフェテラスで優雅なひと時を
    軽井沢の顔として知られる「アルプス館」の佇まいやステンドグラスなどの内装はまるで映画やドラマのワンシーンのよう。ホテル裏手には海外要人らが「ハッピーバレー(幸福の谷)」として慕った林道があり、朝の散策にはぴったりです。風が爽やかなカフェテラスでは、ジョン・レノン一家が愛したミルクティーを嗜むのもおすすめ。

避暑地として知られるのもそのはず、軽井沢の平均気温は615.6度719.5度と、いずれも東京都内の平均よりマイナス5度の涼しさ。新緑のベストシーズンに入り、メインストリートの「旧軽井沢銀座通り」などでは様々なイベントが目白押し。初めての方もリピーターも、軽井沢で大人の休日を過ごしてみませんか。

* ※表示は2名1室利用時の1名料金(消費税・サービス料込み)です。
※ディナーコース20%OFFチケットを利用したフレンチまたは中国料理を希望の場合は、宿泊日前日までに食事時間の指定が可能です(ホテルへ要直接連絡、空きがあれば当日でも指定可能)。
※参考価格や価格比較の内容は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※類似プランとは、タイトルの表示料金の設定がある出発月にて客室タイプや食事条件が同内容のプランを指しています。
※本記事では9,700~18,450円の宿泊プランを紹介しています。タイトルの表示料金にてリサーチを行っております。リンク先では別料金の設定がある場合もあります。
※本記事では旅行契約の申込みは受け付けておりません。予約・問合せはリンク先の提供元にご確認ください。
※写真はイメージです。

¥9,700

詳細を見る
万平ホテル

旅行日程

5/17~7/12の指定日

お得度

公式サイトと比較して1室最大19,400円お得、50%OFF

予約方法

万平ホテルでオンラインで予約する

東京方面からのアクセス

【電車利用の場合】
「東京駅」より北陸新幹線にて約70分、「軽井沢駅」よりタクシーにて約5分

【車利用の場合】
東京方面より関越自動車道、上信越自動車道経由「碓氷軽井沢IC」より約20分(駐車場無料)

閲覧履歴

人気のページ

¥9,700 -- 独占50%OFF 軽井沢125年の品格 VIPが愛した『万平ホテル』UP客室×4.1千円相当朝食

¥9,700

詳細を見る
万平ホテル
Top 20 — 予約はお早めに