神奈川・大磯

¥7,500 – 都心60分でスパ旅 最上階海一望泊×大人限定インフィニティプール&サウナ 土曜同も

大磯プリンスホテル
Top 20 – 予約はお早めに
Aki Sato
旅のエキスパート
絶景スパ併設リゾートの最上階バルコニー付きプレミアムオーシャンビュー泊。4,500円相当の温水インフィニティプール&天然温泉の利用代込み

内容

【更新情報 10/10 17:45現在】好評につき、10/17、21、11/3、16、21、12/3、5~7、14は空室待ちになっています。

都心からわずか60分のオーシャンリゾート『大磯プリンスホテル』が、トラベルズーメンバー限定プランを本日公開。通常からワンランク上の、最上階プレミアムオーシャンビュー客室泊が7,500円。温水インフィニティプール、天然温泉、富士山一望のリラクゼーションテラスなど癒しの大人限定スパ利用代金が含まれており、仕事や家事で疲れている人にほどオススメしたい“最高のリフレッシュ”が叶います。12/7、14の一部土曜も同額にて予約でき、公式サイトの同条件プランと比較して最大1室1万円以上お得なことを確認済み。

[予約・詳細を見る]

==========

  • 都心から手軽に行けるリゾート『大磯プリンスホテル』
    輝く海の大パノラマが広がるホテルにて、眺望抜群の最上階に位置するバルコニー付きプレミアムオーシャンビューに滞在。オーシャンビューツインルーム泊プランも7,000円であり、こちらも最安値を確認済みです。車でも品川駅から直通電車でも約60分というアクセスの良さもポイント。
  • 水平線に溶け込むインフィニテイプールやスパ、温泉を好きなだけ
    このプランは2017年に新設したシーサイドスパ利用代金込み(通常大人1人4,500円)。季節を問わず愉しめる温水インフィニティプールや岩盤浴、温度帯の異なる4種のサウナがあるスパエリアは、中学生以上限定の大人空間。塩分を含んだ天然温泉の露天風呂、富士山ビューのテラスなどで、日常から解き放たれる至福のリラクゼーションを。
  • 秋から冬の行楽、鎌倉や箱根観光の拠点にも
    大磯は鎌倉と箱根の中間ほどに位置し、どちらも車や電車で約45分ほどで行けて、観光の拠点としても便利。ホテルから約20分の散策で行ける城山公園は紅葉の名所で、展望台からは太平洋や伊豆半島まで見渡せることも。紅葉シーズンの週末同額日は早めの予約がオススメです。

朝食20%OFF、駐車場無料(通常1,000円)のほか、レイトチェックアウト12時(通常11時)も付き、ちょっと長めにスパを利用できるのもこのプランならではのポイント。急に取れた平日休みや週末は、“準備ゼロ”のオーシャンリゾートを選んでみてはいかがですか。

* ※表示は2名1室利用時の1名料金(消費税・サービス料込み)です。
※温泉利用の場合は入湯税150円が別途必要です。
※参考価格や価格比較の内容は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。類似プランとは、タイトルの表示料金の設定がある出発月にて客室タイプや食事条件が同内容のプランを指しています。
※本記事では7,500円の宿泊プランを紹介しています。タイトルの表示料金にてリサーチを行っております。リンク先では別料金の設定がある場合もあります。
※本記事では旅行契約の申込みは受け付けておりません。予約・問合せはリンク先の提供元にご確認ください。
※写真はイメージです。

¥7,500

詳細を見る
大磯プリンスホテル

旅行日程

10/10~12/27の指定日、12/7・14の土曜

お得度

公式プランより1室最大1万円以上得

予約方法

大磯プリンスホテルでオンラインで予約する

東京方面からのアクセス

【車利用の場合】※駐車場無料(通常1,000円)
都心から東名高速道路厚木I.C.経由で小田原厚木道路大磯I.C.から約5分、計約1時間

【電車利用の場合】
JR東海道本線で品川駅から大磯駅まで直通、約50分。大磯駅から路線バスで約13分、またはタクシーで約7分。JR湘南新宿ライン利用の場合は、池袋・新宿・渋谷駅から大磯駅まで直通、約60~70分

閲覧履歴

人気のページ

¥7,500 -- 都心60分でスパ旅 最上階海一望泊×大人限定インフィニティプール&サウナ 土曜同も

¥7,500

詳細を見る
大磯プリンスホテル
Top 20 — 予約はお早めに