群馬・片品

¥6,000—早割30 初夏の尾瀬ハイキングも1棟貸切ログコテージ滞在も1度に楽しむならこの拠点

Aki Sato
旅のエキスパート
関東方面から尾瀬ハイキングに向かうなら、群馬・片品村を拠点にしてみては。1棟を貸し切れるログコテージ泊プランを紹介します

旅の提案

【更新情報 5/23 10:00現在】6/21は満室となっています。その他日程の空室状況は遷移先で確認してください。

雪解けを迎え、花々の見頃を迎えるのが初夏の尾瀬国立公園。ハイキングの拠点に最適な宿泊地を探していたところ見つけたのが、群馬側の入口・片品村に佇む『尾瀬東明荘 ログハウスコテージ』です。この宿の本格ログコテージを1棟貸し切る素泊まりプランが、30日前までの予約で1棟12,000円にて。大人21室利用時の場合、1名料金は6,000円となり、素泊まりの同条件プランと比較して最安値であることを確認しています。

編集部からの一言 【尾瀬の花の見頃】5月中旬から雪解けし、6月中旬から下旬はワタスゲが見頃を迎えます(綿毛になるのは6月下旬から7月上旬頃)。【ハイキングのヒント】尾瀬ヶ原に向かうコースは複数ありますが、尾瀬ヶ原の開放感を楽しむなら鳩待峠~山ノ鼻~上ノ大掘川間を往復する約6時間のコースがおすすめです。

この旅で体験できること

  • 尾瀬ハイキングの拠点に適した宿
    片品村側から尾瀬中心部に向かう際のハイキングスタート地点は鳩待峠口ですが、津奈木~鳩待峠口間は通年交通規制が行われており、マイカーなどでの立ち入りはできません。そのため、マイカーで向かう場合は尾瀬第1駐車場に車を駐車し、そこから乗り合いバスで鳩待峠に向かいます。その点、その駐車場は宿から車で約5分ほどの場所にあるので、この宿を旅の拠点とすれば、移動の負担を軽減できます。
  • ログコテージで貸別荘滞在気分
    フィンランドパインの本格的なログハウス。1棟貸切タイプなので、周りに気兼ねなく滞在できるのは嬉しいポイント。コテージ内にはキッチングッズが一通り揃っているので、食材を持ち込んで自由に調理してみては。本館の大浴場も無料で利用できます。

This offer is booked through, and is therefore subject to, the travel or entertainment provider's terms and conditions, including but not limited to refund and cancellation policy. Become a member to see all offer details and learn how to book.

¥6,000

詳細を見る

旅行日程

6/21~30・7/9~19の日~金曜の指定日(6・7月のお得な料金をピックアップ)

お得度

同条件プラン最安値

人気のページ

¥6,000—早割30 初夏の尾瀬ハイキングも1棟貸切ログコテージ滞在も1度に楽しむならこの拠点

¥6,000

詳細を見る