長野・蓼科

¥12,630 – 高原温泉リゾートでレイクビューステイ2食付 2客室同額×UP夕食 紅葉シーズン同額

ホテルアンビエント蓼科
Top 20 – 予約はお早めに
Keisuke Sato
旅のエキスパート
大自然に囲まれた高原リゾートで、絶景&グルメ&温泉を愉しめるプランが紅葉時期も同額。インテリアにこだわった2客室が同額で、計1万円相当の2食付き

内容

紅葉が美しい蓼科・女神湖畔に佇む『ホテルアンビエント蓼科』が、秋にお得なトラベルズー限定プランを公開。2017年12月にリニューアルした2タイプの客室がいずれも12,630円。ワンランク上の会席ディナーと朝食ブッフェが付き、これらグルメだけで1人1万円相当なのでお得度は明白。温泉露天風呂も利用でき、癒しの要素が満載です。

[予約・詳細を見る]

==========

  • 標高1550mで天然温泉を愉しめる高原ホテル
    「見たことのない絶景がすぐそばに」をキャッチコピーに掲げるホテル。女神湖や蓼科山を望む露店風呂があり、澄んだ空気のなか天然温泉を愉しめ、天気が良い日は星空や朝焼けも見応えがあります。そのほか、天然鉱石を利用した大浴場やサウナも完備。
  • レイクビューのおしゃれな2客室が同額
    眺望とインテリア、快眠にこだわった、2タイプのコンフォートツインが同額です。ナチュラル感のある客室「ヴェール」はエアウィーブマットレスを導入、シックな青がアクセントの客室「シエル」はシモンズ社製のベッドを完備。どちらも窓の向こうに広がる大自然と調和したデザインです。
  • 秋に旬の味覚をたんまりと味わえる会席&30種ブッフェ
    夕食は、蓼科産信州牛・本まぐろ・信州サーモンのお造り、焼き物、水菓子など全10品を堪能できる「白樺会席」。実りの秋に、旬の味覚をたっぷり味わえる8千円相当のコースです。朝食は約30種が並ぶブッフェで、純和食をはじめ、クロワッサンやシリアル、フルーツまで食べ放題。
  • 白樺やカラマツが彩る紅葉シーズンも同額
    例年9月下旬になると蓼科山頂付近から紅葉が始まり、季節の移ろいを感じられます。女神湖では10月中旬~11月上旬が紅葉の見頃となり、青々とした水面に色づいた木々が映り、秋ならではの風情ある風景に。

蓼科牧場からゴンドラで標高1,830mの山頂へ向かうと、ハンモックやソファを完備した「女神のそらテラス」があります。今季は10/27までオープンしており、ここから女神湖や北アルプスの紅葉を見渡すのもおすすめ。ホテルから蓼科牧場までは1km強なので、散歩がてら向かってみては?

* ※表示は2名1室利用時の1名料金(消費税・サービス料込み)です。
※入湯料300円(入湯税150円、施設使用料150円)が別途必要です。
※参考価格や価格比較の内容は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。類似プランとは、タイトルの表示料金の設定がある出発月にて客室タイプや食事条件が同内容のプランを指しています。
※本記事では12,630~45,370円の宿泊プランを紹介しています。タイトルの表示料金にてリサーチを行っております。リンク先では別料金の設定がある場合もあります。
※本記事では旅行契約の申込みは受け付けておりません。予約・問合せはリンク先の提供元にご確認ください。
※写真はイメージです。

¥12,630

詳細を見る
ホテルアンビエント蓼科

旅行日程

7/11~18・9/1~11/29の日~金曜の指定日

お得度

同条件プラン最安値、計1万円相当の食事付き

予約方法

ホテルアンビエント蓼科でオンラインで予約する

アクセス

東京方面からのアクセス

【電車利用の場合】
東京駅から北陸新幹線利用で佐久平駅まで片道約80分、5,820円(自由席)。佐久平駅から無料送迎バスで約45分(12:35発のみ、要事前予約)

【車利用の場合】※駐車場無料
新宿発の場合、初台IC、諏訪南IC経由、首都高速道・中央道利用、国道152号線利用で片道約3時間

【高速バス利用の場合】
宿泊者のみ利用できる新宿駅発着の直通バスで片道約4時間(片道大人1名 目安2,520~3,900円/予約制)

閲覧履歴

人気のページ

¥12,630 -- 高原温泉リゾートでレイクビューステイ2食付 2客室同額×UP夕食 紅葉シーズン同額

¥12,630

詳細を見る
ホテルアンビエント蓼科
Top 20 — 予約はお早めに