Featured Destination: バージニア

バージニア

1607年にイギリス船到達により最初の英国植民地となった、いわば“アメリカが生まれた場所”が、バージニア州。初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンなど、8名の歴代大統領を輩出しており、”アメリカの母”という異名も。世界遺産に認定されている第3代大統領トーマス・ジェファーソンの邸宅「モンティチェロ」とプランテーション、ジョン・F・ケネディが埋葬されたアーリントン墓地など、アメリカの新旧の歴史が垣間見れる州といえます。リゾートホテルやワイナリー、ゴルフ場などバージニア州の観光スポットへは、ワシントン・ダレス国際空港から車でわずか15分ほど。史跡や自然、グルメやショッピングを気軽に楽しむことができます。

もっと見る

山も海もその両方を備えた豊かな地。シェナンドー国立公園は、アメリカ東海岸に生息する全ての動植物を観測できるといわれています。園内約170kmに渡るスカイラインドライブから、世界最古の山脈のひとつといわれるブルーリッジ山脈の中を信号なしで走れるパークウェイのドライブは国内でも人気です。また、バージニアビーチでは、パラセーリングなどやイルカやウミガメに出会えるアクティビティも楽しめます。

もっと見る

国立公園内での宿泊のほか、グランピング、スパ&プールなどを楽しめるリゾートなど、多彩なラインアップ。ゴルフコースに5つのプールを備える『ランズダウン リゾート アンド スパ』、スパやプールを備えたグラマラスなキャンピングを楽しめる『プライムランド・リゾート』、馬場にプール、スパ、サウナまで備えた高級リゾート『サラマンダー・リゾート&スパ』など、自然と融合したリゾートはとくに注目です。また、ゴルフ場隣接のホテルが多数あるのも特徴。アーノルド・パーマー設計コースも擁する一体型リゾート『キングスミルリゾートアンドスパ』などゴルフ通垂涎のコースも。

もっと見る

この地でとれる名産といえば、ワイン、りんご、牡蠣。フランスに似た気候のもと300近いワイナリーがあり、りんごを用いたアップルサイダーも名産です。ワイン、りんごとも生産量は全米第5位。牡蠣は養殖生産量全米第3位を誇り、なかでもかつて大統領や王室御用達だったリンヘイブンオイスターは、ツアーで収穫方法を見学することも可能。そのほか、ビールとコーヒーの両方を楽しむことができる「ヘリテージ・ブリューイング」など165か所に渡るビール醸造所、ウイスキー発展の歴史を担ったウイスキー製造所など、大自然の恵みを産地直送で味わえる土壌です。バージニア州観光の起点となるワシントン・ダレス国際空港近くにも複数のワイナリーがあり、テイスティングも可能。週末は地元の人でにぎわっています。

もっと見る

ワシントンDCにほど近く、ジョージ・ワシントンの邸宅があるマウントバーノン近郊のアレクサンドリアでは、米国で最も古いとされるスタブラー・リードビーター薬局など植民地時代当時の生活様式が垣間見れるオールドタウンや、アメリカで最も古くから続くファーマーズマーケット、小規模ビール醸造所として1位に選出されたこともあるポートシティ・ブリューイングなど、買い物や街歩きを楽しめます。同じく北部のリーズバーグや南部ウィリアムズバーグも、ワイナリーやプレミアムアウトレットがあり、ワインの試飲やショッピングを楽しめるエリア。ワシントン・ダレス空港から車で20分ほどに位置するプレミアムアウトレットでは、日本でも有名なブランドが数多く出店されています。

もっと見る

バージニアへのツアー