一緒に理想の旅をつくりましょう~温泉宿泊施設編~

2021/08/24

先月、トラベルズーメンバーを対象に温泉宿泊施設に関するアンケートを実施しました。ご協力頂いたメンバーの皆様、ありがとうございました!このアンケートは、メンバーの皆様から頂いたご意見をもとに、理想の旅をつくろうという企画のために実施させて頂きました。トラベルズーでは、頂いたご意見を参考に理想の旅を目指し、現在、宿泊施設さまと交渉をしているところです。理想の旅の発表の前に、アンケートではどんなご意見が集まったか、かいつまんでご紹介したいと思います。


■宿泊先に求めるものは…?

宿泊先を選ぶ基準について尋ねたところ、断トツで意見が多かったのが「宿泊プランの料金」。2番目に多かったのは、食事スタイル(和食会席、ブッフェなど)で、このことからもお得な料金で宿泊して、美味しいものを食べたい!という旅行スタイルが見えてきました。個人的に意外だな、と思ったのがそのお食事スタイルの選択。和食会席か洋食かブッフェか、と尋ねたところ、6割以上の方が和会席を選択。なんでもたくさん頂けるブッフェがもっと多いかと思いきや、ブッフェを選択した方は2割程度という結果でした。
また、夕朝食場所の食事会場を尋ねた質問では、部屋食・会場食(大広間など)・部屋食以外の個室食の選択肢を挙げると、4割強が部屋食以外の個室食で、3割が部屋食という結果に。落ち着いて、ゆっくりとグループごとに座って静かに和会席というほうが確かに、時代に則しているのかなと感じました。

■和洋室派?露天風呂付き客室派?

客室タイプの希望を尋ねた質問では、露天風呂付き客室・和洋室(ベッド)・和室・洋室などを選択肢にあげました。アンケートを取る前の予想としては、日ごろのTop 20配信の人気度合から、露天風呂付き客室が断トツ1位では?と思っていましたが、実際アンケートを取ると1位は僅差ながら和洋室客室に。部屋に露天風呂があるという贅沢も捨てがたいですが、ベッドの快適さを求めるメンバーが多いことに気がつきました。

■宿泊特典としてうれしいのは…?

集計の結果を社内にて共有した際、意見が分かれて興味深かったのは、「宿泊の際の特典として選択できるもの」について。特典で、アーリーチェックインとレイトチェックアウトを選ぶ派と選ばない派にはっきり分かれました。選ばない派の意見としては、夕食時間ぎりぎりまで観光をし、翌日も朝食後はすぐに観光に出かけてしまうため、宿泊したときに何度かアーリーチェックインなどがあったものの、一度も使ったことがないとのこと。
一方、選ぶ派の社員たちは、宿へはくつろぐために行くのだから、早めに到着して夕食前に温泉に浸かって、翌朝も朝食後にもう一度温泉に浸かって、それからゆっくり身支度をして出発したいため、できることなら昼ごろまで長めに宿に滞在したい、という意見でした。
メンバーのアンケートでは宿でのんびり派が多く、特にレイトチェックアウトは、貸切風呂無料や、夕食時飲み放題の特典よりも突出して多く、46.5%となっていました。旅慣れたメンバーだからこそ、観光地をたくさんスタンプラリーのように訪ねるのではなく、宿の時間を愉しむという上質な旅をされているんだろうなと拝察いたしました。

■価格帯については現実的な結果に

回答頂いた条件を満たす宿泊プランの予算感を尋ねる質問では、最も手ごろな価格帯の1万円以下に集中するのでは…?と事前の予測も社内でありましたが、そこはさすが旅好きが集まるトラベルズーメンバーの皆様。現実的に1万円~1.5万円と、1.5万~2万円に集中する結果となりました。


アンケートの中では最後に、トラベルズーや宿泊施設に向けてなにかメッセージがあればと、フリーコメントを設置したところ、500件近くのメッセージをいただきました。ひとつひとつ読ませて頂き、とてもポジティブな気持ちになれました。その一部をご紹介させていただきます。

・コロナを乗り越えて、みんなが自由に行き来できる日常が早くやってきますように。

・闇の先には光が射しています。 がんばれ!観光業!

・落ち着いた時には、なんといっても温泉旅が1番の幸せです。至福の時間は宿でなければ経験出来ません。その時は宜しくお願いします。

・ずーっとお世話になっております。 今は旅行する人は少ないですが、水曜日のメルマガを貰うだけでリフレッシュ出来ますのでスタッフの皆さん是非頑張ってください! 陰ながら応援しております!

・いつもTravelzooさまの情報を楽しみにしています。旅に行けない時でさえも、旅の情報を見て妄想し、脳内旅行楽しんでいます!

アンケートへのご回答、およびたくさんのあたたかいメッセージを誠にありがとうございました。おひとりおひとりにお礼をさせていただきたいのですが、この場をかりて御礼申し上げます。皆様から頂いた貴重なご意見を踏まえて、素敵な旅をご提供できるように鋭意制作中です。どうぞお楽しみに!

【トラベルズー関連記事】
Instagramも日々配信中です
【気になるニュース】2024年パリオリンピックではヴェルサイユ宮殿もセーヌ川もアスリートの舞台に
KFC食べ放題のホテルが出来るって…?“世界一”インフィニティ、競馬場ビューほか個性派ホテル
グランピング特集、はじまります!
発祥の国はイ○○○だった!?海外グランピング事情を探る


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Shihoko Akahira:
東北愛溢れる青森出身。添乗員、ワーホリでの現地ガイド経験あり。元気印明るさ満点、1児のママ。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ