“通”が選んだ夏に行ってほしい場所~海外旅行編~

2019/05/21

初の10連休となったGWも終わり、夏はどこに行くか計画中の人へも多いこの時期。旅好きなトラベルズーメンバーなら、よく知られたメジャーな旅先とは一味違う場所を探してアンテナを張っている人もいるのでは?それぞれその道の“通”が集まっている編集部おすすめの、夏にしか楽しめない海外スポット3選を紹介します。

ハワイ渡航回数は20数回以上、元旅行会社でハワイを担当していたエキスパート・Yuiのおすすめは・・・

ハワイのノースショアで海水浴!

「冬はノースショアエリアは波が高すぎてサーフィンしかできないのですが、夏は一変して波が穏やかになります。地元の人が楽しみ、ワイキキビーチとは違い人混みもなく、のんびりとした雰囲気。近くにあるレインボーカラーのかき氷『マツモトシェイブアイス』は必食です。」


日本船・海外船を問わずクルーズ添乗経験が豊富で、クルーズの知識は編集部一のKeisukeがおすすめしたいのは・・・

北欧のフィヨルドクルーズ!

「もちろん、年間を通じてフィヨルドクルーズは運航されていますが、冬の寒さや日照時間を考えると、夏の時期がベスト。北欧の夜は23時頃まで明るく、観光できる時間が長くなります。晴れの日も多く新緑が水面に映え、美しさが格別。言葉が不安な場合は日本からのツアーも多くあるので、安心して参加できます。」

旅行会社時代はフランスエキスパートの資格を持っていた、フランス狂の私Shihokoがおすすめするのは…

やっぱりフランス、コルシカ島!

コルシカ島はイタリア寄りのフランスの南に位置する島で、ナポレオンの出身地としても知られています。日本からはエールフランス経由でパリ乗り継ぎがスムーズ。
フランスの夏のバカンスシーズンに合わせてフライト本数も多くなり、レストランやお店もバカンスに合わせてオープンをするため、夏はアクセスしやすく、ショッピングも楽しめます。夏以外はたどり着くのも一苦労、かつ閑散としているという難点が。
フランスのなかでもバカンスをしに行くための島ということで、キチネット付きのリゾートも多く、ロングステイしやすいのも特徴です。

今回は旅のプロがそれぞれの実体験をもとに夏ならではの場所を挙げました。新しい旅行先の発見になればうれしいです。
おなじみの場所もエリアも夏しか楽しめない遊び方・過ごし方があるはず。
シーズンや一緒に旅行に行く人が変わることで、新しい思い出ができるのが旅行の醍醐味です。
旅行先に迷っている人はこの3選をヒントにしたり、Top 20で今週のおすすめをチェックしてみてください。


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Shihoko Akahira:
東北愛溢れる青森出身の新妻。添乗員、ワーホリ経験あり。フランス狂。元気印明るさ満点。今年の夢は’BSB’のライブへ行くこと。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ