フランス人の日曜日の過ごし方が、変化しているという噂を耳にしました

2018/09/25

魅力だらけのパリ、最新情報から日曜日の過ごし方まで

パリには通算60日以上滞在、日本人に人気のブルゴーニュ地方からマイナーな(?)ラングドック地方やコルシカ島まで訪ねて、数ある国のなかでも断トツに好きな国・フランス。

日本ににいながらフランスの最新情報を入手できる機会ということで、先日の「ツーリズムEXPOジャパン2018」にてフランス観光開発機構さんのブースを訪ねてきました。そして見えてきたのが、フランス人の日曜日の過ごし方がなにやら変化しているらしいとのこと。

新しいアート施設や、美食のセーヌクルーズ、そうだったの!?と思うような情報まで、パリ好きによるパリ好きのための‟最新とっておき”を紹介します。


新規オープンだらけ

9/21(金)に「ツーリズムEXPOジャパン」のフランス観光開発機構さんのブースにて、「パリ最新情報」セミナーに参加をしました。パリには近年新規オープンの施設や再オープンの施設がたくさんあるとのこと。

日本の雑誌でも紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、昨年オープンした「イヴ・サン・ローラン美術館」や2016年にパリ中心部レアール駅にオープンしたショッピングセンター「フォルム・デ・レアール」、そのほかにも日本人建築家が設計した音楽複合施設「ラ・セーヌ・ミュージカル」など、新規オープンだらけなのです。

次にパリに行くときは何日あったら全制覇できるの!?と思ってしまうぐらい、パリの街は新規オープンの素敵な場所ばかり。個人的には「イブ・サン・ローラン美術館」と2014年にオープンした「ルイ・ヴィトン美術館」を訪ねて、美術館限定のオリジナルグッズを入手したくてたまりません。イヴ・サン・ローラン美術館、レアールは日曜も営業しているとのこと。

観光にショッピングに…ご飯を食べる時間がない!?そんなときの解決方法

ショッピング、オペラ鑑賞、美術館巡り・・・「パリで愉しみたいことリスト」を作っていると、ご飯を食べる時間がなくなりそうになることも。せっかくのパリだから全部おもいっきり楽しみたいですよね。そんな時の解決方法が出来たのです。

1つ目は、今年9月にお目見えしたばかり、フレンチの巨匠アラン・デュカスが監修するセーヌ河美食クルーズ「デュカス・スール・セーヌ」。本格フレンチとセーヌ河クルーズを一度に楽しむことが出来ます。

2つ目は、「バストロノミー」。バス+ガストロノミー(美食)が合体したこの2階建てバスは、バスで食事を楽しみながら主要観光地を巡ります。エッフェル塔がきれいに見えるフォトスポットでは停車して写真の時間もとるので、食事をしながらのパリ巡りが愉しめます。

船からの景色、バスからの景色、どちらにしようか迷ってしまいます。クルーズは日曜ももちろん運行。人気なので早めの予約は必須です。


ついに日曜日営業が解禁!

パリでショッピングをするときの最大の難点、それは「日曜日」でした。なぜかというと、お店がほとんど閉まってしまうから。日本では考えられないかもしれませんが、「日曜日は安息の日」というキリスト教の教えのもと、フランスでは大きなデパートも日曜日は閉店してしまうのです。

そんななか、ついにパリのデパートが日曜営業を解禁したのです!

これまで日曜は美術館やエッフェル塔、公園での散歩などが主な過ごし方でしたが、日曜にお店が開くことによって「ショッピング」が加わり、行動の幅が広がります。たとえば日曜にデパートの地下でワインとデリを買って公園でピクニックをしたりホテルでホームパーティー風に楽しんだりが可能に。パリの3大デパート、ギャラリー・ラファイエット、プランタン、ボン・マルシェを中心に大きなショッピング施設は日曜も営業をします。ショッピングを楽しみたい方には朗報ですね!


空港~市内間が定額制タクシーに

2016年から、空港~市内間のタクシーも定額となりました。もうバスや列車を待ったり、料金を心配する必要はないのです。

パリ右岸エリアにホテルがある場合、シャルル・ド・ゴール空港~ホテル間は50ユーロ、左岸エリアにホテルがある場合、空港~ホテル間は55ユーロとなります(オルリー空港も定額で別代金となります)。

定額制になったので、遠回りされる心配や料金でもめる心配などがありません。列車やバスを使った場合は、重いスーツケースを持ちながらの階段の上り下りや乗り換えが必要でしたが、タクシーの場合は空港からホテル目の前まで一気に移動できるので、パリ到着後スムーズに活動することができます。

パリジャンを気取ってタクシーにチャレンジしてみるのも旅行の思い出となるのではないでしょうか?

新規オープンや日曜日の営業解禁により日曜日の選択肢が増え、過ごし方も多彩になったパリ。次回は、ほか地方都市のフランス情報をご紹介したいと思います。


最新のお得な海外ツアー情報はこちら


※参考価格は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ