覆面辛口レビュー【イタリアン】緑を望む別世界リストランテ

2016/08/25

トラベルズー編集部員が覆面で潜入し、「このプラン本当にお得なの?」「本当のところどうなの?」という読者の疑問や不安を吹き飛ばすべく、身を以て検証する「覆面編集部辛口レビュー」。好評につき今回のお題は…

トラベルズーは“旅だけ”じゃない?

トラベルズーが厳選された旅行情報だけでなく、旅情を味わえるレストラン情報も紹介していることはご存知ですか? 有名ガイドブック掲載店や、グルメサイト「食べログ」で3.5以上のクチコミ好評店など、外せないディナーにおすすめの、非日常感溢れるレストランのお得プランを掲載しています。

※現在販売中のLocal Dealsはこちら

ご覧頂くと、通常料金から40~50%OFFなど大幅割引のプランがずらり!

でも、本当にこんなにお得なの?内容も50%OFFになるんじゃないの?訳アリなんじゃないの?

そんな不安の声に応えるべく、覆面編集部員がレストランを内緒で訪れ、実際に紹介しているものと同じメニューを食べてきました!


“別世界イタリアン”は本当か?

8月某日、明治神宮前

先日、糖質制限を乗り越えて富士登山に成功した私は、一緒に登頂した奥さんとお祝いのディナーに出かけることに。外せない記念日ディナーを探すときに最も信頼しているのが、手前味噌ながらトラベルズーのLocal Dealsです。探すこと3分、こんなプランを発見!

¥4,990 -- 独占45%OFF 熊本あか牛・15層ラザニア含む最上級全8品ディナー 東郷神社望む別世界イタリアンで “無類のラザニア好き”を自負する私は、実は自分でもラザニアを作るほど。私が作るのは5層くらいなのに「15層ラザニア」・・・気になる。3年前に九州旅行で食べた「あか牛」の美味しさを想い出しながら、富士登山祝いはこのプランに即決。

©Naoya Koitabashi(以下同)

原宿駅で山手線を降り、表参道でのショッピングを楽しみつつ、18時過ぎに今日のお店『CAVACAVALLO』へ。東急プラザがある神宮前交差点から、竹下口方面に進むこと徒歩2分、東郷神社向かい側のビル2階にお店を発見!

店内に入ってびっくり。先ほどまで明治通り、しかも若者ひしめく竹下口付近を通ってきましたが、ここはまるでそんな喧騒から離れた“都心のオアシス”。高級フレンチレストランのような気品ある佇まいでありながら、東郷神社を抱く緑を一望できます。

一歩足を踏み入れた瞬間から、素敵なディナータイムへの期待が最高潮に。“別世界イタリアン”は、決して過言ではないと正直に思いました。


まずは前菜、お手並み拝見!?

メインディッシュにコストをかけるばかりに、前菜が疎かになってしまうレストランは今まで山ほど見てきましたが、今日はそうでないことを祈るばかり。

コース料理の説明によると、前菜は冷前菜と温前菜の2皿。待つ間にスプマンテを頂くことに。「フランチャコルタ ブリュット アンティカ フラッタ」をボトルでオーダー。

フランチャコルタ ブリュット アンティカ フラッタ

イタリア北西部・ロンバルディア州、フランチャコルタ地域で生産された貴重なスパークリングワインで、きめ細かい泡とフルーティな香り、ほどよい酸味が心地よい、夏にぴったりの味です。1杯目が飲み終わる頃に、冷前菜「蝦夷アワビとフルーツトマト、その肝とジェノベーゼソースと共に」が到着。

蝦夷アワビとフルーツトマト、その肝とジェノベーゼソースと共に

いきなり高級食材・アワビの登場に歓喜。低温でじっくり調理しているため風味が失われておらず、そのまま食べてもよし、ジェノベーゼソースと絡めてもよし。さらに、フルーツトマトの酸味が食欲を掻き立てます。アワビは高い割においしくない、そんなイメージが払拭された一皿でした。

4種のパンもすべて自家製

冷前菜を食べ終わる頃に、自家製のパン4種盛りが到着。これがまた美味しい。なかでもサクサクのグリッシーニ(スティック状のパン)は奥さんが一番喜んだ逸品です。温前菜が届く前にすべて完食して、淡い期待と共におかわりを待ちますが、残念。パンは食べきりでした・・・

サマーポルチーニ茸のプリン、タレッジオチーズのソースで

ショックを受けていると、ついに温前菜「サマーポルチーニ茸のプリン、タレッジオチーズのソースで」が到着。今しか採れない旬のサマーポルチーニを卵と蒸して茶碗蒸しのような食感に仕上げたもの。ポルチーニ、ホウレンソウ、チーズの優しい風味が口の中に広がる一皿に大満足。


名物「15層のミルフィーユラザニア」に、この店の真髄を知る!

前菜は及第点。しかしながら辛口レビューを緩めることはありません、この店の本領はパスタにあるというのだから。パスタは2品。まずは「生ウニとチェリートマトで和えた手打ちパスタ“タリオリーニ”」から。

生ウニとチェリートマトで和えた手打ちパスタ“タリオリーニ”

手打ちでしか表現できないモチモチ感、生ウニの濃厚な旨み、チェリートマトのアクセント。一口頬張れば、それらが次々に押し寄せてくる実に雄弁な一皿です。しかし驚くのはまだ早い。いよいよ「名物・15層のミルフィーユラザニア」がここで登場。

15層のミルフィーユラザニア(定番のボロネーゼソース)
15層のミルフィーユラザニア(ズワイガニのクリームソース)

1番人気「定番のボロネーゼソース」と2番人気「ズワイガニのクリームソース」を選択。とくにボロネーゼは熊本あか牛と赤ワインを3日間かけて煮込んだ絶品で、自家製パスタを15層に重ねて焼き上げたラザニアは、まさに「外はサクサク、中はトロトロの新食感」。富士山頂のご来光以来の感動でした。


メインを食べなければコースは語れない・・・

パスタ、確かに美味しかったです。辛口レビューですが少し褒めすぎたかもしれません。とはいえ、やはりコース料理の評価はメインディッシュを食べて初めて決まるもの。気を引き締めていると、魚料理「長崎五島の真鯛のソテー、カダイフを巻いて 岩海苔と焦しバターのソース」がお目見え。

長崎五島の真鯛のソテー、カダイフを巻いて 岩海苔と焦しバターのソース

長崎五島は暖流と寒流が出会う天然の漁場。そこで獲れた真鯛、美味しくないはずありません。真鯛にはカダイフ(小麦粉、トウモロコシを麺状に練ったもの)を巻いてこんがりソテー。浜名湖産の岩海苔に焦がしバターを和えたソースが絶妙です。新鮮で味が濃厚なアスパラガスも名脇役を演じます。

熊本あか牛のロースト、アカシア蜂蜜と生姜のソース 旬のヤングコーンを添えて

そして待望の肉料理は「熊本あか牛のロースト、アカシア蜂蜜と生姜のソース 旬のヤングコーンを添えて」。赤身の力強い旨みが特徴の熊本あか牛は、流通頭数が限られ関東ではあまり見ない銘柄。噛むごとに口の中は肉の豊かな香りに満たされます。ふー、満腹です。


忘れられない記念日を演出するデザートタイム!!

メイン料理に舌鼓を打ち、あとはデザートを残すのみ。この頃には既に程よい酔い加減、程よい満腹感。「あぁ良いディナーだったな」と感慨深くなっているところにサプライズ!

デザートプレート(お祝いのメッセージが粋)

ホールの女性スタッフと何気ない会話の中で、先日の富士登山の話をしていたこと、覚えていてくれました。デザートプレートには「Congratulazioni alpinismo Mt. Fuji(富士登山おめでとう)」のメッセージ! 味や雰囲気だけでなく、スタッフの“おもてなし”がきっと、レストランのファンを作るのでしょう。

食後の焼き菓子まですべて自家製

辛口レビューのつもりが、すっかりこの店の虜になってしまった奥さんと私。再訪の日は遠くないでしょう。


現在販売中のLocal Dealsはこちら


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ