【気になるニュース】新型コロナ対策の最前線、旅ナカ大手ベルトラが独自に設定した安全基準

2020/06/11

トラベルズーメンバーを対象に実施した調査「緊急事態宣言解除後の旅行意向」にて、新型コロナウイルスによる旅に対する価値観の変化を尋ねたところ、「衛生対策がホテルや航空会社などを選ぶ際の基準になるだろう」を選択した回答者が46.6%に達したことから、with corona~after coronaの世界では、旅行者が宿泊や交通、旅ナカなどの旅行サービス提供者に求める価値が変わってきていることが伺えます。

そこで、世界150か国の現地体験型オプショナルツアーを販売しているベルトラの衛生対策に関する取り組みを紹介することで、新型コロナ対策の最前線に迫ります。


新型コロナウィルス感染症対策 安全基準/提供元:ベルトラ株式会社

ベルトラは、世界中での現地ツアーやアクティビティの催行にあたり、催行会社で実施する安全衛生上の取り組み、および参加客に安心してツアーに参加してもらうための御願いを各5項目ずつにまとめ、6/12に公開しました。

以下、リリースより抜粋して紹介します。


現地ツアー催行会社で実施する安全衛生上の取り組み

旅行中、お客様に少しでも安心して現地ツアーやアクティビティにご参加いただくため、ベルトラが契約する現地催行会社は以下に取り組んでまいります。

1.     健康管理:ドライバー、ガイドは体調管理とツアー中のマスク着用に努め、37.5度以上の発熱や風邪症状がみられる従業員は自宅待機とします。
2.     衛生管理:お客様が触れる部分はこまめな消毒を心がけます。
3.     ソーシャルディスタンス:車内や観光、観光中はソーシャルディスタンスを守る工夫をし、こまめな換気を行うなど3密を避けてご案内するよう努めます。
4.     タッチレスソリューション:お申込みから参加まで、極力オンラインで完結することに努めます。
5.     訪問先の選定:ツアー中に訪れる施設やレストラン等が対策を取っていることを確認します。


参加客に安心してツアーに参加してもらうための御願い

他の参加者の皆様や現地ガイド、ドライバーのため、ツアーやアクティビティに参加いただくお客様には、以下をお願いいたします。

1.     健康管理:万全な体調のもと参加いただき、体調がすぐれない場合は参加をお控えください。
2.     衛生管理:ツアー参加時は手指の消毒と、車内でのマスク着用をお願いします。
3.     ソーシャルディスタンス:お客様ご自身でも身を守り、感染症予防にご協力をお願いします。
4.     タッチレスソリューション:ベルトラで事前予約・購入することで現地での接触機会を減らします。
5.     訪問先の選定:訪問施設の状況やガイドの急な体調不良により、ツアーを中止、行程変更することがございます。


ベルトラが見据える今後の展開

日本を含む世界150か国、4000を超える現地ツアーやアクティビティの催行会社にむけ、安全基準を順守いただくよう依頼し、基準を満たせない場合は現地事情をヒアリング、改善策を提案します。お客様にもその情報を開示し、どうしても折り合いがつかない場合は販売の見合わせ等も検討いたします。またペーパーレスでのツアー参加やQRコードの導入などを推し進め、現地での接触機会を必要最低限とするなど、旅行の不安要素を可能な限り軽減することを目指します。

■リリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000053963.html


最新のトラベルズーストーリーはこちら


※記載情報は、ベルトラ株式会社が2020年6月12日に発行したプレスリリースをもとに編集しており、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ