旅行者も観光地も喜ぶ旅を【ニュースリリース】

2019/09/28

世界中の登録メンバーに独自の旅行情報や体験を提供している「トラベルズー」(NASDAQ:TZOO)でブランドのグローバル責任者を務めるシャリー・サンは、アジア最大のサステイナビリティフォーラムにてサステイナブル(持続可能)な旅行方法を提案していく重要性を強調しました。


持続可能な旅行の展望

  • 観光産業の究極の商品は「地球」そのものである
  • 観光産業は、持続可能性と成長とを両立できる
  • 旅行者と現地経済の両者にとって有効なオフシーズンの旅行や新しい旅行先の提案などで実現する

ブランドのグローバル責任者を務めるシャリー・サン

 

旅行の舞台は「地球そのもの」

「私たちは、サステイナブル(持続可能)な旅行手段を生み出していかなければなりません。観光産業が扱っている商品は、究極的には『地球』そのものだからです。したがって、旅行をインスパイアするにあたって新しく創造的なアプローチを責任をもって見つける必要があります。」

世界中の登録メンバー向けに独自のオファーや体験を提供している「トラベルズー」(NASDAQ:TZOO)でブランドのグローバル責任者を務めるシャリー・サンは、2019年9月23日に開催されたプーケット・ホテルズ・フォー・アイランズ・サステイニング・ツーリズム(PHIST)フォーラム 2019(持続可能な島嶼観光のためのプーケットホテルフォーラム2019)で、このように強調しました。サステイナブルな旅行とは、地域の文化や自然環境に配慮しその本来の姿を持続的に保てるよう、旅行者と現地が相互に喜びを享受できるかたちで開発やサービスのあり方を考慮した旅行を意味します。PHISTとは、プーケット・ホテルズ・アソシエーション(プーケットホテル協会)、C9 ホテルワークスおよびグリーンビューが開催する、観光産業を対象としたアジア最大のサステイナビリティフォーラムです。


観光産業は持続可能性と成長の両立が可能

パネルセッションでは、旅行業界向けメディア「Skift」のアジア担当編集者で、観光産業への深い理解を持ち受賞歴のあるジャーナリストであるライニ・ハムディ氏によるインタビューが行われ、シャリー・サンは次のようにコメントしました。「一部の産業では、サステイナビリティ(持続可能性)と成長を両立させるのは難しいかもしれませんが、観光産業はそうではありません。観光産業は、地球に害を及ぼすことなく持続可能な成長を達成することによって初めて成立し、成功します。美しくダイナミックでクリーンな地球なくして、私たちが提供する体験に何の意味があるでしょうか?」


旅行者にも旅行先にもやさしい持続可能な旅

地球に優しい旅行をするためには高い費用がかかると考える消費者や競合他社もいますが、実際には逆の現象も多いとシャリー・サンは説明します。「トラベルズーは、ホテルや航空会社などとの交渉を通じ、質の高い旅行をほかでは見られない料金で楽しめる特別な旅行の情報を登録メンバー向けに提供しています。たとえば観光客が少ない時期の人気観光地や、これから注目を浴びるであろう新しくエキゾチックな場所への旅行や現地体験などです。これらのオファーは、旅行者にとって旅費の大幅な節約になるだけでなく、観光客が減少するオフシーズンに現地経済へも貢献するものです。このようなアプローチを通じて、人気観光地で起こる年間の需要の差を平準化することができます。」

インタビューにおいてライニ氏の質問は、アジアの消費者は持続可能性や環境保護への関心が低いという一般的な認識についても及びました。

シャリー・サンは次のように答えています。「どの国にも、環境への意識が高く、地球に優しい旅行をしたいと思っている消費者は存在すると考えます。トラベルズーは幸運にも、教養があり頻繁に旅行をするメンバーをアジアで300万人以上有しており、彼らはサステイナブルツーリズムの重要性を認識しています。もちろん広く一般に意識を高めていくのは時間がかかりますが、多様な価値観に寛容なトラベルズーメンバーは、持続可能性と人生の充実の両方を満たす方法での地球探索を支持する先駆者であると確信しています。」


トラベルズーについて

トラベルズーは世界2,800万人以上、日本で約100万人の登録メンバー向けに、日本を含むアジア、北米、ヨーロッパの世界25拠点の国と地域で13エディションを展開する世界最大級のオンライン旅行情報メディアです。業界情報に精通した編集部員が、登録したメンバー限定の情報をはじめ旅行やエンターテインメントの体験をリサーチ・精査して厳選。15年以上に渡る2,000社以上の旅行業者との協業により、厳選した旅行情報を掲載しています。詳細はこちら

 

人気のページ