ホテルテラス×ワイン×美食のこの夏最強トリオといえば

2016/08/02

近年、従来のがやがやしたビアガーデンとは一線を画した、“おしゃれ系”な飲み放題スポットが急増しています。都心の百貨店やファッションビルの屋上、期間限定で有名シェフが腕を振るう本格派ビアテラスなど、選択肢が豊富になったのがうれしい限り。

そこで数あるスポットのなかから、「食事もしっかり楽しみながら、お酒も複数種類を飲むことができて、夜風を感じながら、落ち着いて過ごせる」という条件で探してみたところ、ぴったりだったのが六本木にある5つ星ホテル『グランド ハイアット 東京』の「フレンチ キッチン」。「【オンライン限定最大30%OFF】テラスでも楽しめるフリーフロープランとバーベキューコース~ガーデン ビストロノミー~」というプランです。

早速予約しようとしたところ、オンライン予約限定で30%OFF特典を発見。バーベキューコースにワインフリーフローが含まれた「フリーフロードリンク付きプラン」にさらにデザートとコーヒーが付いて1名8,450円相当のところ、オンライン予約で5,800円(税サ別)と2,650円引きになります。予約可能時間は17:30 / 18:00 / 20:00 / 20:30、店内またはテラス席より選択できます。空き状況がリアルタイムでわかるため、電話で問い合わせすることなく完結したのも便利でした。

暮れなずむ空模様をテラス席から見上げながら、が希望だったのですが、あいにく希望日で予約がとれず、遅めのスタートで行ってきました。


夕食時間を過ぎていたからか、ロビーは人も少なく落ち着いた雰囲気。やはり高級ホテルのロビーへ入ると、一気に非日常感が高まります。住んでいる街なのに、旅行気分を味わえるのはホテルという場所の成せる業。

ホテルに足を踏み入れると見通しのよいロビーが広がるのは1棟ホテルならではの醍醐味
 
フレンチキッチンは2階に。こんな案内が出ています
 
レストランの入り口はスタイリッシュな佇まい。ホテルスタッフが予約を確認し、席へと案内してくれます

今回予約したのはテラス席。パラソルや木々がふんだんに配置され、リゾート感たっぷり。ところどころから英語の会話が聞こえてくるなど、外資系ホテルらしいインターナショナルな雰囲気も漂っていました。

木々がアクセントになり、建ち並ぶビルに囲まれながらも清涼感を演出しています

フリーフローではなくワイン2杯が付いたプラン(オンライン予約4,900円※税サ別)もあるのですが、今回選んだのはフリーフロー付きプラン。料理に合わせてソムリエが選んだスパークリング・赤・白・ロゼの4種類のワインから、好きなタイミングで好きなものを好きなだけ飲むことができます。「まずはスパークリングでよろしいですか?」と勧められたので、スパークリングでスタート。

早速運ばれてきた1品目のアミューズは「季節の野菜をつかったガーデンスティックサラダ」。テーブルに置かれた瞬間、歓声が上がりました!切り株風の木製ボードに、畑に見立てたフムス(ひよこ豆のペースト)に色とりどりの野菜が刺さった状態で、どこから手をつけていいか迷うほど。フムスが野菜そのものの味を引き立て、夏の夜のはじまりにもってこいのさわやかな風味が広がります。

野菜だけなのにこの色鮮やかさ。見目麗しいとはまさにこのことです

続いて2品目の前菜。この日はサラダでした。2品目に合わせて白ワインを。

甘酸っぱいドレッシングがかけられたサラダに、サーモンや生ハムが添えられて

野菜が続くのですが、野菜不足になりがちなうえにこの湿気のある暑さがこたえる体にはぴったり。どちらもどんどん箸が進むはじまりの一品でした。メインが始まる前にロゼへと移ります。

そしていよいよメインへ。メインプレートは、大皿に盛りつけられたバーベキューをシェアする様式です。メインプレートのほか、ラタトゥイユ、ポテトとインゲンのグリルが揃って出てきます。

メインプレートには写真右からチキン・ラム・白身魚・海老が。サイドディッシュにはココットに入ったラタトゥイユ、ジャガイモとインゲンのグリルが併せて供されます(写真は3名分)

一見どこでも見られるようなグリルなので軽い気持ちで手を伸ばしたところ、いい具合にまわってきていたほろ酔い気分が一気に醒めました…!チキンとラムのお肉類はジューシーでやわらかく、エビは身が厚くてぷりぷり、白身魚も火の通り具合が絶妙です。じゃがいもやインゲンのグリルも、野菜の甘みとその甘みを引き立てる薄味のソースとが相まって1+1=2以上の味わいに。ラタトゥイユはトマトソースの甘酸っぱさがこの上なく好バランスで、お肉やお魚の合間にぴったり。赤ワインがどんどん進みます。

アミューズ、前菜と続き、このメインプレートで改めて、5つ星ホテルのレストランに来ていたことを実感しました。自分で焼くバーベキューや、大量につくられる大箱レストランの料理とは一線を画し、ホテルレストランを預かるシェフが手間暇かけたことが一瞬で伝わってくるようなパワーを宿し、一口食べるごとにどんどんパワーチャージされていくかのよう。体が喜んでいるのがわかると言っても過言ではないほどでした。

ワインとメインで満腹になったところで、最後はオンライン予約特典のデザートへ。

2種のデザートは、量もちょうどよく、しめくくりにもってこいでした

いわゆるビアガーデンで、これほど繊細に盛り付けられた上質な味を楽しむことは至難の業。夏だからこそ楽しめるテラス席にて、上質な食材と一流の腕とが掛け合わさった一品一品をコース仕立てで味わい、さらに料理に合わせてソムリエが取り揃えらた各種ワインを好きなだけ“ペアリング”できる場は、なかなかありません。

加えて個人的に最も良かった点は、5つ星ホテルレストランならではの静けさ。ビルの合間ながら車や電車の走る音は聞こえず、がやがやして会話がしづらいなんて状況とは無縁。閑静で上品な空間のなか、誰しもが思い思いに優雅な時間を過ごしていることが、非日常感をさらに際立たせていました。夏ならではの皆でわいわいしながら盛り上がる時はビアガーデン、ひさしぶりに再会する友人と食事も会話も落ち着いて楽しみたい場合にはホテルレストランという使い分けが良さそうです。

税・サービス料15%を加えると、1名あたり7,328円。このプランと同程度のボリュームがある通常のディナーコースは、前菜2 品・スープ・メインディッシュ・デザート・コーヒーまたは紅茶を楽しめるものが9,688円でドリンク別。つまりこの「【オンライン限定最大30%OFF】テラスでも楽しめるフリーフロープランとバーベキューコース~ガーデン ビストロノミー~」は、類似の通常コースよりも2,300円以上お得なうえに、ワイン4種が飲み放題というお得すぎる内容ということがわかります。

ちなみに、通常ディナータイムのグラスワインが白・ロゼは1杯1,800円~、赤・スパークリングは1杯2,000円~。4種類をひと通り楽しむと少なくとも7,600円になります。ということは4種類飲むとすると、前菜からデザートまでの5品が“実質無料”ということ。考えられない設定です。

六本木ヒルズ隣接のため、ガーデンビストロノミー前後に映画やショッピングを楽しめむのも一興。薄暮を楽しめる18:00~、映画やショッピングを楽しんだ後の20:00~など、その日のプランによって時間を選択できますが、このプランを一日の目玉とするにふさわしい上質な内容です。1点予約する際にぜひ考慮してほしいのが、日の入りの時間。たとえば8/3では18:43ですが、3週間後の8/24には18:19、9月に入ると9/7には18:00ジャストとなり9/28ともなると17:29に。夕暮れに合わせると、日常では感じづらい空の移り変わりの瞬間を楽しむことができます。

このプランは9月30日(金)までの期間限定。酷暑を乗り切る“ごほうび”のひとつとなる、夏ならではのプランです。

オンライン予約特典が適用されるプラン詳細・予約ページはこちら


最新のトラベルズーストーリーはこちら


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ