家族との思い出

2020/03/22

記憶に残る初めての旅行は、家族全員で暑い真夏に訪れた海。夏休みにも飽きはじめた頃、父の「次の土日は海でも行くか」の一言がきっかけでした。

思ったよりも遠くドライブに飽きかけた頃、「着いたわよ」の声で起こされると、視界に飛び込んできたのは高く昇った太陽を全面に受けてきらきらと光る海。「転ばないようにね」という声を背中に受けながら妹と駆け出すと、サンダルに入ってくる砂浜で足がもつれながらも海はどんどん目の前に。浮き輪をひいてもらい、城をつくり、貝を集め、アイスキャンディーを食べ、砂に埋められ、焼きそばを食べ、何時間を過ごしたでしょうか。

どこの海だったのかはわかりませんが、今でもアルバムにはまぶしそうにカメラに笑いかける4つの顔がおさまっています。

いまでは全員が揃うことも少なくなったお盆の夜の食卓で、話題は毎年あの時の海の話に。「ちょっと目をはなした隙に足がつかないところに行っちゃってなあ」「そうそうこわかったなあ」「夜はホテルの廊下が怖いって泣きだしたんだよ」「帰りは渋滞で5時間もかかっちゃったのよね」と思い思いに話していると、気分は一瞬で数十年前にタイムスリップ。あの1泊2日は、その後何年も何十年もずっと皆の心に残っています。家族と過ごした旅先の時間はどんな日数でもどんな場所でも、語られ、笑い合い、時にはしんみりもしながら、長く人生を彩ってくれています。

家族で過ごす時間を想像しながらの旅を計画するのは、大変だけどそれもまた楽しいひととき。膨大な情報から選ぶ作業は骨が折れるし、旅行手段を探すよりも旅先で何をするかをわいわい話すことに時間をつかえるとよいのにと思うこともしばしば。だからトラベルズーがあるのです。わたしたちは迷わせません。その時旬な情報だけ、その時予約できる情報だけを、好条件な旅行を逃さずにすむようをタイムリーに届けることが旅好きの皆様との約束です。

関連情報 もっと見る

人気のページ