「Go To Eat キャンペーン」最新情報

2020/10/21

Go To Travelキャンペーン」に続き、飲食店や食材生産者の支援を目的とした「Go To Eat(イート)キャンペーン」が10/1よる開始されました。感染拡大防止と楽しい飲食を両立できることを願いつつ、「Go To Eatキャンペーン」の目的や内容、利用できるオンライン飲食予約サイトなどを紹介します。


※クリックすると該当箇所にジャンプします


観光・飲食などの需要喚起策「Go Toキャンペーン」とは?

「Go Toキャンペーン」は、新型コロナウイルイス感染収束後に日本国内の人の流れを創り出し、地域の再活性化につなげることを目的として、観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント業などを対象に、補助金の支出により需要喚起を目指すキャンペーン施策です。

第一次補正予算にて事業総額1兆6,794億円が計上されており、旅行商品を最大半額相当補助する「Go To Travelキャンペーン(7/22より実施中)」や、プレミアム付食事券やポイント還元により飲食代を補助する「Go To Eatキャンペーン(10/1開始)」のほか、イベントなどのエンターテインメントを2割相当補助する「Go To Eventキャンペーン」などが今後実施される予定です。

出典:令和2年度 国土交通省関係 補正予算案

「Go To Eatキャンペーン」の目的は?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛による経済的影響は多くの業界で発生していますが、コロナ禍に起因する倒産件数が最多である飲食業界はなかでも深刻な被害を受けていると言えます。レストランや居酒屋などの飲食店の利用が減少すると、仕入れ先である農業・漁業・畜産業・食品加工業など幅広い業界へ影響が波及します。経済産業省の統計データによると、日本全国の飲食店は67万店以上あり、飲食サービスや食料品流通など「フード・ビジネス」に携わる人口が1,000万人を超えていることからも、飲食業界の重要性は理解できます。

そして、「感染予防対策に取り組みながら頑張っている飲食店を応援し、食材を供給する農林漁業者を応援する」ことを目的として実施されることになった施策が「Go To Eatキャンペーン」です。「Go To Eatキャンペーン」の事業内容は「①オンライン飲食予約:ランチ500円、ディナー1,000円のポイント付与(10/1開始)」「②プレミアム付食事券:購入額の25%分が上乗せされる食事利用券(10月より各都道府県で順次開始)」の2点から成りますが、各事業の詳細を以下にて紹介します。

出典:農林水産省「Go To Eatキャンペーン」事業について、以下同

①オンライン飲食予約:ランチ500円、ディナー1,000円のポイント付与(10/1開始)

まず1つ目の事業は、キャンペーン事業者に選ばれたオンライン飲食予約サイトを経由して、期間中に対象の飲食店に予約・来店した消費者に対して、次回以降の飲食で使用できるポイントを付与するものです。付与されるポイントは昼食時間帯で1名500円分、夕食時間帯(15時以降)で1名1,000円分であり、ポイント付与の上限は1回の予約につき最大10名分(最大10,000円分)までです。新規ポイントの付与は2021年1月末まで(ポイントの予算がなくなれば早期終了の可能性あり)、ポイントの利用は3月末までの期間です。オンライン飲食予約事業では飲食店に来店して店内で食事した場合にポイント付与の対象となるため、テイクアウトやデリバリー、ケータリングはポイント付与の対象外となります。


キャンペーン対象のオンライン飲食予約サイトは?

8/25(火)に農林水産省よりキャンペーン事業者が発表され、以下オンライン飲食予約サイトを含む全13事業者が選ばれました。キャンペーンによるポイント付与は10/1より開始されています。


②プレミアム付食事券:購入額の25%分が上乗せされる食事利用券(10月より各都道府県で順次開始)

2つ目の事業は、登録飲食店(準備の整った地域より参加飲食店の登録開始予定)で使用できるプレミアム付食事券です。購入額の25%分が上乗せされる仕組みであり、例えば10,000円で12,500円分の食事利用券を購入できます。1回あたりの購入制限は20,000円(25,000円分の食事利用券)までで、利用時におつりは出ません。プレミアム付食事券の販売は2021年1月末まで(予算がなくなれば早期終了の可能性あり)、有効期限は2021年3月末までです。登録飲食店での店内飲食やテイクアウト、デリバリーはプレミアム付食事券の利用対象となりますが、持ち帰り弁当店や宅配ピザ専門店などの「持ち帰り・配達飲食サービス業」は利用対象外です。

【プレミアム付食事券発行地域】
全47都道府県でプレミアム付食事券発行が行われる見通しで、一部自治体では既に利用可能店舗の募集や、食事券の予約受付なども開始されています。直近の発売開始日は、新潟県10/5、愛知県10/8、山梨県10/12、奈良県10/15、広島県10/15、静岡県10/16などの予定です。自治体別の発行スケジュールは、「Go To Eatキャンペーン公式サイト」をご確認ください。


感染拡大防止と楽しい飲食を両立するためには?

新型コロナウイルス感染拡大防止と「Go To Eatキャンペーン」による飲食需要喚起を両立するために、農林水産省が飲食事業者、および消費者の双方が守るべき感染症対策を公表しています。感染症対策を徹底しながら、飲食を楽しめるよう一人ひとりが意識して取り組みましょう。


最新情報を更新中

【更新情報10/22・10:00】オンライン飲食予約でのポイント付与事業について、野上農林水産相はキャンペーン開始から9日間で558万人が予約し、49億円分のポイントが付与されたことを明らかにしました。

【更新情報10/9・14:00】農林水産省がオンライン飲食予約でのポイント付与について「店舗での飲食料金がポイント付与金額(昼食500円、夕食1,000円)よりも少ない場合は、ポイントを付与しないよう飲食店および予約サイトに対策を求めた」ことを明らかにしました。

【更新情報10/8・14:00】加藤官房長官は記者会見にて、オンライン飲食予約でのポイント付与について「店舗での飲食料金がポイント付与金額(昼食500円、夕食1,000円)よりも少ない場合は、ポイントを付与しない方向で対応策を検討している」ことを明らかにしました。

【更新情報10/7・17:00】Go To Eatキャンペーン公式サイト」に、各自治体のプレミアム付食事券発売スケジュールが公開されています。直近の発売開始日は、新潟県10/5、愛知県10/8、山梨県10/12、奈良県10/15、広島県10/15、静岡県10/16などの予定です。

【更新情報10/1・17:00】本日より「Go To Eatキャンペーン」が開始されました。

【更新情報9/16・10:00】農林水産省が「Go To Eatキャンペーン公式サイト」をオープンしました。


【参考情報】


【トラベルズーについて】
トラベルズー®(NASDAQ:TZOO)は世界3,000万人以上、日本で約100万人の登録メンバー向けに旅行情報を配信するオンラインメディアです。旅行に精通した旅のエキスパートが世界2,000以上の旅行関連企業の情報や消費者リサーチをもとに企画・編集した独自の旅行情報を、会員限定で配信しています。

無料会員登録してエキスパート厳選の旅行情報を受け取る


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ