全国旅行支援10/11開始、気になる実施状況&予約済み旅行の割引…県民割他旅行キャンペーン比較(9/29更新)

「全国旅行支援(全国旅行割)」&イベント割10/11開始予定 気になる「あとから割引適用」…県民割他旅行キャンペーン比較(9/22更新)
「全国旅行支援(全国旅行割)」&イベント割10/11開始予定 気になる「あとから割引適用」…県民割他旅行キャンペーン比較(9/22更新)
2022/01/23

全国を対象とした観光需要喚起策、いわゆる「全国旅行支援全国旅行割)」の動向が注目されています。7月に実施概要が発表されて以来、開始が延期されていたところ、9/22に米ニューヨークを訪問中の岸田総理が記者会見を行い、10/11に「全国旅行支援(全国旅行割)」を開始すると表明したことが報道されています。全国旅行割は、2020年に中断された「Go To トラベルキャンペーン」に代わる施策。9月に入ってからは、9月下旬の3連休明けから年末までを支援対象とする案が浮上していました。

お得に旅行するなら、各エリアの対象可否を確認したいところ。トラベルズーの旅行情報で反響が多いエリアを中心に、都道府県が実施中の「県民割」および今後の「全国旅行支援(全国旅行割)」情報を紹介します。

※表示は9/29 16:57時点の情報です(一部本記事公開時の情報あり)。最新の情報は観光庁、都道府県Webサイト等を確認してください。「県民割」は9月末まで延長されています。


■「全国旅行支援(全国旅行割)」とは? 割引率や対象をチェック

全国旅行支援全国旅行割)」とは、10/11にスタート予定の観光需要喚起策。「Go To トラベルキャンペーン」に代わる旅行支援事業として、全国を対象に実施される旅行キャンペーンです。旅行代金を国の補助で割り引く国の支援事業ですが、事業主体は各都道府県のため、実施については都道府県の判断に委ねられ、実施を希望しない都道府県は対象外となります。実施は12月下旬までを予定。

最大10/10まで延長となった都道府県が実施している「県民割(地域観光事業支援)」と今回の「全国旅行支援」で異なる点は下記の通り。対象エリアや対象者、割引率および割引上限額が異なります。

対象エリア:県民割は実施県内、全国旅行支援は実施を希望する都道府県(全国)
対象者:県民割は県民または地域ブロックの在住者、全国旅行支援は全国の都道府県在住者
割引率:県民割は最大50%、全国旅行支援は一律40%
割引上限率(1名1泊あたり):県民割は5,000円、全国旅行支援は交通付き宿泊(交通付き旅行商品)8,000円、その他5,000円

旅行支援事業の比較 2022/9/26時点(図はトラベルズー編集部作成)

「全国旅行支援」の割引率は「県民割」より下がるものの、平日が対象の交通付き宿泊を行った場合、割引上限額は8,000円、クーポン券3,000円の計11,000円分となり、県民割で同条件の旅行を実施した場合の最大補助額は計7,000円となることから、パッケージツアー利用の場合は「全国旅行支援」のほうが4,000円お得に旅行することができます。

【全国旅行支援 これまでの経緯(クリックして展開)】

■気になる開始時期、7月前半中に「適切に判断」(7/7追記)

木原誠二官房副長官は7/6、内閣官房長官記者会見で全国を対象とした新たな観光需要喚起策「全国旅行支援」の開始時期について言及。7月前半の開始を目指していたところ、「足元の状況というのは当然、考慮しなければならないだろう」とし、新規感染者数・病床使用率・療養者数・死亡者数などの動向を含めて総合的に判断し、7月前半中に「(開始時期については)適切に判断する」と回答しています。

木原誠二官房副長官による答弁は、記者会見動画「内閣官房長官記者会見 令和4年7月6日(水)午前」の13:40頃から視聴可能です。


■開始時期は9月以降か、「県民割」は8月末まで延長(7/13追記、8/25更新)

一部報道にて、政府は7/12、7月前半を予定していた「全国旅行支援」の開始を延期する方針を固めたと発表されました。7月中の実施は難しく、9月以降にずれ込む可能性もあるとのこと。都道府県が行う「県民割」に対する国の補助は8月末まで延長される見込みで、都道府県の判断および発表が待たれます。「県民割」の詳細等は各Webサイト等で確認してください。なお、一部の「県民割」にはすでに対象を全国に拡大しているものもあります。

続く7/14、斉藤鉄夫国土交通大臣は厚生労働省の専門家会議内を受け、「全国旅行支援を実施できる状況にはない」として、「全国旅行支援」の開始を延期を発表したことが報道されています。今後も感染者の急速な増加が懸念される点を受けたもので、改善が見られれば速やかに実施することも想定しているとしています。また、「県民割」は8月末まで延長されます。

--「県民割」再延長、9月末まで(8/25追記)

観光庁は8/25、8月末まで延長されていた都道府県による旅行割引「県民割」の期限について、9/30宿泊分まで再度延長予定である旨を発表したことが報道されています。新型コロナの感染者数の高止まりを受け、「全国旅行支援」は引き続き実施が見送られています。今回の発表を受け、「県民割」については今後、都道府県毎に延長の詳細を発表することが予想されます。


■「全国旅行支援(全国旅行割)」9月内にも開始、支援対象は年末まで(9/13追記)

新型コロナウイルス感染拡大で開始時期が見送られていたところ、感染者数が減少傾向となっているため、政府が「Go To トラベルキャンペーン」に代わる旅行支援事業である「全国旅行支援」を早ければ9月内に開始する方向で調整に入ったことが報道されています。支援対象期間は9月下旬の3連休明けから当面、年末までですが、実施可否や期間は都道府県が決定するため全国一斉スタートとはならず、開始時期や対象期間に差が出る場合が考えられます。

また、「全国旅行支援」の利用にはワクチン3回目接種証明か、陰性証明の提示が必要。地域の感染状況に応じて、都道府県の判断で実施を見合わせたり、中断したりできるため、旅行の際には最新情報の確認が欠かせません。

--気になる「あとから割引適用」

すでに宿泊を予約済みの場合、最も気になることは「現時点でおさえている宿泊予約にも全国旅行支援の割引は適用されるのか」ということ。詳細な利用条件は都道府県によって異なることが予想され、目的地の都道府県ごとに条件を確認する必要があります。

宿泊予約サイトや宿泊施設によってはすでに「あとから割引適用」対応について掲載しているところがあります。例えば宿泊予約サイト「楽天トラベル」は、9/4付更新で「もし全国旅行支援が始まっても楽天トラベルではあとから割引適用ができます!」と掲載。「全国旅行支援」実施決定後、「楽天トラベル」内で行った国内宿泊または国内ツアーのうち割引適用対象の予約者には申請受付開始の案内が届くので、適用条件を確認のうえ個人ページで割引申請を行う流れとなっています。※9/16現在、楽天トラベル内に表示されていた「あとから割引適用」ができるとの表記は削除されています。詳細は今後の発表を確認してください。

【関連リンク】
楽天トラベル「全国旅行支援とは?」https://travel.rakuten.co.jp/special/zenkokuryokoshien/about/


■「全国旅行支援(全国旅行割)」10/11開始、イベント割もスタート(9/23追記)

岸田文雄首相は9/22、訪問中の米ニューヨークで内外記者会見を行い、「全国旅行支援全国旅行割」を10/11に開始すると発表したことが報道されています。直近の報道では、9月内にスタートし、当面年末までを対象とする予定でした。同じく10/11には、スポーツや音楽、映画などのチケット代を割り引く「イベント割」も再開される見込みです。

【参考記事】TBC NEWS DIG「【速報】岸田総理、来月11日から水際緩和、全国旅行割とイベント割開始を表明」2022年9月22日(木) 23:13

--実施は12月下旬まで、気になる予約済み旅行の適用は…(9/26追記)

斉藤鉄夫国土交通相が9/26、記者会見で観光促進策「全国旅行支援(全国旅行割)」を10/11から実施すると正式に発表したことが報道されています。当面、実施期間は12月下旬まで。同時に、「県民割」は10/10宿泊分まで延長される見込みです。また、予約済みの旅行についても対象となる予定が一部で報道されています。ただし、予約済み旅行の扱いを含め「全国旅行支援」の運用は都道府県により異なる可能性があるため、詳細は改めて確認する必要があります。

【参考記事】日テレNEWS「『全国旅行支援』来月11日~12月下旬まで実施 予約済みの旅行も対象、平日の旅行促進を呼びかけへ」2022年9月26日 13:53

余談ですが、9/26の発表まで今回の観光支援策は「全国旅行支援」「新旅行割」などと表記されていたところ、今回の報道からは「全国旅行割」との表現が利用されている印象。今後、該当プランを検索する際は「全国旅行支援」と同時に「全国旅行割」とのキーワードでも検索すると、より多くの情報や対象旅行情報を入手できそうです。


■都道府県別「県民割」実施状況および「全国旅行支援」参加見込み情報9/29一部更新

都道府県の「全国旅行支援(全国旅行割)」参加情報は、同旅行キャンペーンの詳細が発表されたのち明らかになる見込み。「全国旅行支援(全国旅行割)」の開始は10/11予定。鹿児島県のように、「全国旅行支援(全国旅行割)」に県独自の上乗せする方針が報道されている県もあります。なお、都道府県が実施中の「県民割」の延長状況は都道府県ごとに異なるため注意が必要。長いものでは、奈良県が全国を対象に来年2月末まで「県民割」を延長中です。

現行の「県民割」情報を含め、トラベルズーは都道府県毎の「全国旅行支援」参加予定について更新中。トラベルズーの旅行情報で人気のエリアを中心にピックアップし、情報が確認でき次第、各Storyでお知らせします。

9/29更新
※都道府県名をクリックするとトラベルズーの詳細記事に遷移します
北海道 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長
群馬 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長
東京 8/22の再開が検討されています → 9/1から再開予定 → 10/31まで延長、全国旅行支援は10/11からは実施せず
千葉 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長
神奈川 ※8/31まで延長、利用条件の一部に変更あり → 9/30まで延長
静岡 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長
愛知 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長
奈良 ※2023/2/28まで全国対象
兵庫 ※8/31まで延長、7/15以降は大阪府在住者は対象外、京都府在住者は7/31までの旅行・宿泊が対象 → 京都府在住者も8/31まで対象に変更 → 9/30まで延長
和歌山 10/10まで延長、全国旅行支援「わかやまリフレッシュプランSワイド」情報を公開準備中
京都 ※7/31まで延長、7/15以降は大阪府在住者は対象外 → 8/31まで延長(大阪府民は除外) → 9/30まで延長
大阪 9/30まで延長 → 10/10まで延長、全国旅行支援「日本中から 大阪いらっしゃいキャンペーン2022」情報を公開準備中
福岡 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長 
沖縄 ※8/31まで延長 → 9/30まで延長 →10/10まで延長、全国旅行支援「おきなわ彩発見NEXT」情報を公開準備中

■自治体が実施している旅行キャンペーン(7/29追記)

宿泊料金を割引くキャンペーンのほか、飲食類の半額提供や宿泊券の割引販売、レンタカー割引、観光クーポンや施設優待など、キャンペーンの種類は様々。近隣県および地域ブロック対象が対象のものや、居住地域に制限を設けず、全国が対象のキャンペーンもあります。

<一例>
・札幌 サッポロ割…8/1チェックインから9/15チェックアウトまで有効、「サッポロ割」プランで予約し期間内に宿泊した者(全国対象)。
・帯広 おびひろ空港割…対象期間は7/20~2023/2/28。とかち帯広空港を利用する旅行者のツアー代金から3,000円を割引。さらに、帯広市内に宿泊すると旅行代金から2,000円が割引となります。HISが対象ツアーを販売中
・千歳 ようこそ・ちとせ割…7/1チェックインから11/1チェックアウトまで対象。新千歳空港発着の航空便を利⽤して、千歳市内・支笏湖の対象宿泊施設に宿泊すると、最大5,000円の割引と3,000円の商品券が付く。全国対象。観光のほかゴルフや帰省、ビジネス目的なども対象。
・陸前高田 たかた旅トク…7/1~8/22対象、ビジネス利用は適用対象外。全国対象。
・信濃町 しなのまち宿泊割引キャンペーン…6/10~8/31対象、予定数に達し次第終了。全国対象。
ほか多数。詳細は各自治体およびWebサイトで確認してください。
「全国旅行支援(全国旅行割)」については、トラベルズーでも詳細や続報が入り次第更新予定。今後の予約を検討する際に留意したいポイントをまとめた記事も掲載予定なので、あわせてご覧ください。

「全国旅行支援(全国旅行割)」まで待てない…!そんな時はトラベルズー読者会員に登録して限定情報をチェック(登録無料)


【関連リンク】

【関連記事・特集】
9/1待望の再開 、都民割「もっとTokyo」最新情報
沖縄のレンタカーが全然取れない?裏ワザ教えます 前編後編
トラベルズー特集「次の旅のヒント|編集部注目の旅」


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ