出身者が語るあの銘店<仙台編>

2021/05/10

2021年のゴールデンウィークも終了。トラベルズーメンバーはいかがお過ごしでしたか。わたしはといえば、実家に帰省するタイミングを逃したまま数年が過ぎ、生まれ育った地元の味を恋しく思っているところです。年末には帰省できるといいな…、そんな思いを胸に、仙台を訪れたらぜひ足を運んでいただきたい銘店情報をピックアップしました。

※感染症拡大の影響により、営業時間や定休日が通常と異なる場合があります。詳細は事前に確認してください。


■牛タン、とんかつ、“最古のバーガー”も

仙台、と聞いて思い浮かぶ名物は何ですか。やはり筆頭は牛タンでしょうか。トラベルズーではなかなか紹介頻度の高くない仙台エリアですが、東北最大の繁華街である国分町があったり、昔ながらの喫茶店が残るアーケード街エリアなど、グルメにも困らない街です。松島や秋保・作並エリアの観光と合わせ、一度旅していただけると嬉しいです。

  • 『牛タン料理 閣』
    今では東京でも美味しい牛タンレストランが多く見られるようになりましたが、せっかく旅行するならその地ならではお店を訪れたいもの。地元でも「予約が取れない」と話題で、「ミシュランガイド宮城 2017 特別版」のビブグルマン賞にも選ばれたことがあるのがこの“閣”です。名物は小ネギたっぷりの「牛タンたたき」。牛タンの表面を炙り、“閣”自家製の甘酸っぱいタレでさっぱりと。アーケード内にあるブランドーム店が本店ですが、食べ歩きや居酒屋ホッピングを希望なら、繁華街・国分町に近い三越前店の利用がベターです。
  • 『炭火焼き ぐら』
    七輪炭火焼肉店。牛タン専門店ではありませんが、首都圏ではなかなかお目にかかれないだろう厚さを誇る「ぐらの牛タン」は必食です。出身者にもかかわらず、この牛タンを知らずに大人になってしまったことを後悔しています。仙台朝市駅前、仙台東口店もありますが、ちょっと足を延ばし、松島へ行く途中に立ち寄れるJR本塩釜駅から徒歩約5分の場所にある塩釜本店まで行くのもあり。

  • 『とんかつ かつせい』
    おそらく仙台っ子で“かつせい”さんを知らない人はいないのではないでしょうか。食べログ評価3.78(5/11時点)を誇り、同「とんかつ百名店」には2017、2018、2019、2021と、複数回ランクインしているとんかつの銘店。オススメは、厚みのある特ロースかつ。白米もつやつやで、どんぶりで食べたいぐらい。80歳は超えているだろう大将は、口数は少ないながらいつも朗らかで、お店選びには作り手もポイント、というトラベルズーメンバーにはぜひ立ち寄っていただきたいお店です。とんかつをメインで食するために仙台へ…というのはちょっとマニアックすぎるので、仙台に連泊した場合、1日は“かつせい”にしよう!と思っていただけると嬉しいです。

  • 『文化横丁 源氏』
    お酒一杯に肴が一品付く、という独特なスタイル。「吉田類の酒場放浪記」でも紹介され、無類の酒好きである吉田類さんが唸っていました。石造りの穀物蔵を移築し、宮大工がこしらえたという店舗は風格たっぷり。かっぽう着姿の女将との会話を愉しみに通う常連も多いんだとか。仙台で飲むなら、“ブンチョウ”こと「国分町」と、こちらのお店がある“ブンヨコ”こと「文化横丁」は外せません。

  • 『ほそやのサンド』
    営業を継続している日本のハンバーガーショップとしては日本最古、との説がある有名店。1950年開業なので、約70年営業していることに。わたしの母も若い頃に通ったそうで、母娘2代で味わいました。牛100%のパティはアツアツやわらかで、食いしん坊のトラベルズーメンバーなら2、3個は食べれるのでは。国分町にあり、〆のハンバーガーに選ぶのも通の愉しみ方。

  • 『仙令鮨 JR仙台駅 3階店』
    旧店名は『北辰鮨 仙台駅鮨通り店』。仙台駅の1階にもありますが、新幹線を利用する場合はサクッと食べれるこちらの3階店がオススメです。わたしのお気に入りのネタは、時期にもよりますが、東北出身者なら味噌汁でお馴染みの「どんこ」を握った「どんこの肝のせ」。白身はタラに似ていますが、その味は淡泊で、濃厚な肝との相性が見事。どんこの肝乗せを提供している寿司屋は多くないので、出張や旅行の際はぜひ。もうひとつ薦めるとしたら、アナゴでしょうか。塩で味わうのがオススメです。


なかなか自由に外にでることもままならない状況ですが、いつか来るその日に備え、グルメ情報は常にアップデートしておきたいですね。

【関連情報】
疲れた時の旅行トリビア
【ONTABI(オンタビ)】1,000件以上が揃う国内最大級のオンラインツアー検索サイトを公開
【メンバー旅行記】家族でお篭り旅行
【気になるニュース】長期滞在プラン続々、東京5つ星で“ホテル暮らし”他


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Aki Sato:
落語・講談を愛する旅行業界出身の元ニュース編集者。健康のためにダイエットを再開しました。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。紹介した店舗の提供メニュー、イメージとは異なります。

関連情報 もっと見る

人気のページ