【気になるニュース】えっ、『帝国ホテル』に住めるんですか…?

2021/02/01

「ホテル暮らし」にぴったりなホテル旅館、リゾートツアーを紹介してきたトラベルズー編集部のもとへ、正真正銘“ホテルで生活できる”サービス情報が舞い込みました。

2021年2月1日、帝国ホテルはホテルに“住まう” サービスアパートメント『帝国ホテル サービスアパートメント』の予約受付を開始。3月15日から利用でき、月額360,000円(税サ込)で“帝国ホテル暮らし”が叶います。

【更新情報 2/3 20:05現在】好評につき、該当プランは全て完売となっています。詳細は『帝国ホテル サービスアパートメント』予約ページを確認してください。


■月額36万円、1泊1.2万円で『帝国ホテル』に住める!

サービスアパートメントの対象となるのは、タワー館の3フロア計99室。客室タイプは3タイプあり、例えばスタジオタイプ(約30平米)の場合、月額 360,000 円(1名利用、2名利用ともに同料金)。最低宿泊日数は 5 泊からで150,000 円、6泊目以降は追加1泊30,000円で宿泊可能です(いずれも税金・サービス料込み)。30泊の場合、1泊あたりの料金は12,000円となり、SNS上では「お得」「割安感がある」との声があがっています。

参照:『帝国ホテル』サービスアパートメント(https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/special/serviced_apartments/)

基本料金に含まれるのは、シャンプー類、歯磨き・シェービングセット、くしなどの各種アメニティ類(チェックイン日のみ提供)と、室内清掃ならびにリネン、タオル、寝間着類交換(1週間に3回)、コーヒーメーカー、テレビモニターへのインターネット接続。そのほか、共同利用スペース「コミュニティルーム」での朝食用パンの提供や洗濯乾燥機、電子レンジ、オーブントースター、アイロンの利用もでき、まさしく“暮らす”のに必要なあれこれが詰まった内容と言えます。


■洗濯&軽食のサブスクリプションも用意

さらに、ホテルラウンジ(本館1階「ランデブーラウンジ」)ではコーヒーまたは紅茶も利用でき、ホテルライフを満喫可能。当面の間は予約制ですが、フィットネスセンター、プール、サウナの利用も料金に含まれています。加えて、予約制でミーティングルームを1日2時間まで利用できるので、リモートワークの場所にも事欠きません。

参照:『帝国ホテル』サービスアパートメント(https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/special/serviced_apartments/)

シャツ、ブラウス、インナー類などのランドリーサービスもあり、こちらは7日間10,000円、30日間30,000円で利用できます(いずれも1人利用料金、税金・サービス料込み)。朝食以外の食事を希望する場合は、11~22時に提供可能なルームサービスのサブスクリプション(定額サービス)があります。例えば、7日間分のルームサービスは30,000円、30日間分は60,000円で追加可能。食事は、カレー、ミックスサンド、ショートパスタなどの軽食から選択可能です。


「Akiさん、今日はどこで仕事してるの?」「あっ、いま『帝国ホテル』に住んでるんですけど、そこから繋いでまーす。」…そんな会話も夢じゃない(ああ、そんな生活に憧れる…!)。

個人的に気になって帝国ホテルに問合せたところ、30泊プランは2/1(月)18時時点で既に混み合っており、希望に沿えない日程もあるとか。うーむ、さすが『帝国ホテル』…。5泊プラン利用ならまだ可能性ありなので、気になる方はお早めに。

【参考リンク】
帝国ホテル サービスアパートメント
https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/special/serviced_apartments/index.html

【関連記事】
2021年は尖ったホテルステイが流行るっぽい!?
マイクロツーリズム体験レポ 地元の魅力再発見
編集部が注目!2021年開業のホテル・旅館<国内編>
旅好きに送る渡航情報【ハワイ編】


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Aki Sato:
ジャンクフード・競馬・落語・講談を愛する旅行業界出身の元ニュース編集者。健康のためにダイエットを再開しました。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ