【特集】北陸最古の名湯へ

2020/04/26

2020年3月14日で開業5周年を迎えた北陸新幹線。富山・石川・福井がグッと近くなったことで、海の幸や景勝地、名湯を求め旅に出たトラベルズーメンバーも多い5年だったのではないでしょうか。

今回はそんな北陸エリアのうち、北陸最古の温泉として知られる石川の名湯・粟津温泉(あわづおんせん)をフィーチャー。北陸旅行の拠点に選ぶ旅好きも多いという、隠れた温泉地の魅力に迫ります。

【更新情報 5/18 16:38】「苔の里(叡智の杜)」「永平寺」の開園・拝観情報を更新しました。観光名所や施設等の最新営業状況は、公式Webサイト等で確認してください。


■開湯1,300年、北陸最古の温泉地粟津温泉の歴史と泉質

奈良時代・養老2年(718年)、泰澄大師が白山権現のお告げによって発見した名湯・粟津温泉。富士山・立山と並ぶ「日本三霊山」のひとつ・白山に宿る神様が、人々の怪我や病を治すために与えてくれた霊泉と伝えられており、現在は山代・山中・片山津とともに「加賀温泉郷」に数えられています。

今でこそ湯治場としての役割は影をひそめるようになったものの、無色透明の芒硝泉(ナトリウム硫酸塩泉)が持つ効能は現代の温泉ファンからも厚い支持を受けている点がポイント。血管拡張作用に優れ、穏やかに血行を促すため、血液循環が原因の慢性病への効果が期待できます。また、粟津温泉の宿は自家掘りの源泉を持っており、宿によって微妙に泉質や泉温が異なるため、宿ごとに“ファン”がいるのも頷けます。飲用可能な湯もあり、温泉好きなら一度試してみたいところです。


■名湯を館内で…粟津温泉のホテル・旅館

旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーを参照すると、粟津温泉の位置する石川・小松市のホテル旅館は39軒(2020/4/27時点)。個性豊かな宿泊施設のうち、今回は館内で名湯を愉しめるホテル・旅館をいくつかピックアップしてみました。

  • 粟津温泉 法師』…創業1,300余年を数える老舗宿。過去には「世界最古のホテル」としてギネスに登録された経験も。日本庭園を囲むように宿泊棟が連なり、登録有形文化財の離れもあり。
  • 粟津温泉 辻のや 花乃庄』…宿泊者専用の庭園大浴場「花廻湯」が自慢の宿。2万5千坪の広大な庭園に咲く四季の花とプロジェクションマッピングを掛け合わせた「デジタル掛け軸」が話題。
  • 旅亭懐石のとや』…鎌倉時代・1311年創業。加賀料理を懐石で味わえる。加水は一切せず、湯舟には709年間休むことなく地下5mから湧き出し続けている源泉かけ流し100%の湯が引かれる。
『粟津温泉 法師』 日本庭園 イメージ

■大人の“しっとり旅”にぴったりの観光名所&ご当地グルメ

観光地特有の賑やかさや喧騒はなく、落ち着いた大人がのんびり過ごせる温泉地である点も粟津温泉の特長。なかでも、温泉好きに欠かせない名所と言えば「粟津温泉 総湯」。粟津温泉中心部に建ち、観光客だけでなく地元住民も利用する憩いの場です(有料、大人430円)。総湯の裏には粟津の町を見下ろす「岳山遊歩道」があることから、軽くハイキングをしたあとに入浴するのも通な楽しみ方です。

心静かな時間を過ごしたいのなら、多種多様な苔の名所「苔の里叡智の杜)」を要チェック(5/23~開園)。杉林に囲まれた苔むす庭園や神社、古民家などを有する里山集落で、ガイドによる説明を聞きながらの散策も可能です。また、6/25まで入山停止(拝観中止)ではあるものの、岩屋を巡る「いわや胎内くぐり」で著名な「那谷寺」も見逃せません。粟津温泉中心部からは車を利用して約7分の距離にあり、寺社仏閣巡りに興味がある人にぴったり。

粟津温泉を拠点に、隣県の福井や金沢を巡るのもオススメです。例えば、温泉地から福井の「永平寺(6/1~拝観再開)までは車で約50分、断崖絶壁の名勝「東尋坊」までも約60分と、足を延ばせば北陸の名所へもアクセス可能。日本三名園のひとつ「兼六園」も車で約50分の距離にあり、粟津温泉は金沢観光に“温泉要素”を加えるのに最適なエリアと言えるでしょう。

名所巡りだけでなく、旅好きのトラベルズーメンバーならご当地グルメ情報もおさえておきたいところ。海の幸はもちろんですが、ランチには近年各メディアで取り上げられることも増えた「金沢カレー」を選んでみては?金沢カレーの代表店のひとつである「カレーの市民 アルバ 小松本店」は粟津温泉と同じ小松市内にあり、ホテル・旅館へのチェックイン前やチェックアウト後の行程に組み入れやすい1店です。

那谷寺 イメージ ※6/25まで入山停止(拝観中止)

■飛行機・新幹線・車…気になるアクセス

気になるのは、関東から粟津温泉に向かう場合の移動手段。実は、北陸新幹線が開通したことで東京~金沢間はスムーズに移動できることから、粟津温泉は車がなくてもアクセスしやすい温泉地でもあります。

  • 飛行機利用の場合…羽田空港から小松空港まで飛行機で約1時間、小松空港から車で約25分
  • 新幹線利用の場合…東京駅から金沢駅まで北陸新幹線で約2時間半、特急に乗り換え加賀温泉駅まで約25分
  • 車利用の場合…東名・名神・北陸自動車道利用、または関越・北陸自動車道利用で約6時間

トラベルズーの「Top 20」で、ツアー・宿泊プランともに人気を集めているエリアでもある北陸。2023年春には、北陸新幹線の金沢~敦賀間の開業も予定されており、なお一層の注目が予想されます。次の北陸旅行の計画は、大人が集う粟津温泉を拠点に組み立ててみませんか?


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Aki Sato:
ジャンクフード・競馬・落語・講談を愛する旅行業界出身の元ニュース編集者。温泉旅へ行く理由は「ザ・旅館飯」。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止に鑑み、ホテル・旅館や観光施設、レストランが休館・休業している場合があります。最新の営業状況は公式Webサイト等で確認してください。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ