編集部が注目!2020年新登場の観光列車

2020/03/29

無類の旅好きが集まるトラベルズー。旅の目的も様々で、観光やグルメはもちろん、なかには「鉄道」に乗ることそのものを目的とした旅を計画したことが「ある」と答えたメンバーも。

一口に「鉄道」といっても、発売と同時に完売することも珍しくない「カシオペア」や、デビューと同時に多くの話題をさらった「TRAIN SUITE 四季島」、Top 20でも人気の寝台列車「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸内」を利用したツアーなど、その種類は多岐に渡ります。そこで、今回は観光列車を中心に、2020年新登場の列車をピックアップ。2020年は、いったいどんな列車が“夢”を見せてくれるでしょうか?

【更新情報 4/16 16:29】文末に関連記事リンクを追加しました。


東日本

  • 観光特急列車「サフィール踊り子
    3/14デビュー。東京~伊豆急下田を約2時半~3時間で結び、全車両がグリーン席というプレミアムな特急です。惜しまれながら引退した「スーパービュー踊り子」の特徴だった大きな車窓はそのままに、車内にはさらに天窓も設けられ、開放度がアップ。グループで利用できる「グリーン個室」や、オープンスタイルの食堂車「ヌードルバー」のある新型車両(※)も印象的です。デザインは、現行の秋田新幹線や「TRAIN SUITE 四季島」を手掛けた奥山清行氏が担当しました。渋滞や混雑とは無縁の“列車旅”なので、時間も空間もゆったりと確保し、伊豆・下田エリア方面へ旅したい人にはぴったりな特急列車と言えそうです。
    ※新型コロナウイルスの感染症拡大防止の観点から、5/31まで「サフィール踊り子」のカフェテリアおよび車内販売の営業はありません。最新の情報は「サフィール踊り子」公式サイトで確認してください。


西日本

  • 夜行特急列車「WEST EXPRESS 銀河」
    5/8運行開始予定(※)。“誰もがもつ「遠くへ行きたい」という憧れを叶える列車”をコンセプトに、京都・大阪~出雲市間を運行します。女性専用席「クシェット(普通車指定席・ノビノビ座席)」やファミリーキャビンのほか、グリーン個室などを備え、1車両ごとに異なる座席タイプを配置。新大阪から乗車する場合、出雲市行き下り列車は22時台発、出雲市9時台着の運行スケジュールなので、“仕事帰り出雲大社”も十分に実現可能。女性専用車両があるため、女性の1人旅にもぴったりです。
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みにより、運行開始日が延期されています。運行開始日、運転日については公式サイトにて更新される見込みです。

  • 観光列車「etSETOra(エトセトラ)」
    「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に合わせ、10月頃に運行開始予定。呉線および山陽線(宮島口~尾道駅間)を走る、新しい観光列車です。瀬戸内海の「青」や海岸線から見える波の「白」などをデザインに用い、「せとうち」をイメージした外観になるとか。停車駅やインテリア、車内サービスは、公式サイトで順次公開されるとのこと。厳島~尾道観光が、ぐっと身近になること請け合いです。


Top 20で紹介できる日を楽しみに…!

このほか、3/14には大阪難波と近鉄名古屋を繋ぐ新型名阪特急「ひのとり」も登場。完全な観光列車ではありませんが、大阪&名古屋の“2都市食い倒れ旅”や“2大名城巡り”の心強いパートナーとなりそうです。

最新の列車情報は、今後も随時更新予定。Top 20と合わせて、ぜひこまめにチェックしてくださいね!

【関連記事】
編集部が注目!2020年開業のホテル・旅館<国内編>
編集部が注目!2020年開業のホテル・旅館<海外編>


最新のトラベルズーストーリーはこちら


Aki Sato:
ジャンクフード・競馬・落語・講談を愛する旅行業界出身の元ニュース編集者。温泉旅へ行く理由は「ザ・旅館飯」。


※情報は、発行前日の情報をもとにトラベルズー編集部が独自にリサーチしたものであり、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
※記事トップ画像は『サフィール踊り子』のイメージです。
※写真はイメージです。

関連情報 もっと見る

人気のページ