覆面辛口レビュー【フレンチ】上位0.25%、選ばれし“ミシュラン星付店”の実力は?

By
Deal Expert, Tokyo
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

227/約9万、世界一の美食都市・東京が誇る一流店

世界的権威ある格付「ミシュランガイド東京2017」が昨年末に発表され、東京では3つ星12軒、2つ星54軒、1つ星161軒の合計227軒が“星付店”として認定されました。東京の全飲食店数は約9万店であることを考えると、ミシュラン星付店は全体の約0.25%、まさに“選ばれし名店”といえます。

・・・果たして本当にそうなのか?

今回辛口で知られる覆面編集部員がメスを入れるのは、「ガイドに掲載されること自体が至難、料理を生業にする多くの人の目標」と言われるミシュランガイドの真価。6年連続で1つ星に選ばれている乃木坂の老舗フレンチに潜入し、ミシュラン覆面調査員の仕事ぶりをチェックしてきました。

¥7,500 — “ミシュラン1つ星”6年連続認定 至極の正統派フレンチディナー 特別21%OFF


プロローグ:創業37年とは思えない洗練されたモダン空間

まだ肌寒い3月某日、東京ミッドタウンでショッピングを愉しんだ後、18時のディナーへ向け『Restaurant FEU(レストラン フウ)』へ。千代田線「乃木坂駅」3番出口目の前に位置しており、東京ミッドタウンや国立新美術館まで徒歩5分ほどでアクセスできるデートコースにもおすすめのロケーション。

白を基調としたオーセンティックな外観ながらも、明るくモダンな店内は入りづらさを全く感じさせません。入店すると、ダンディーなオーナー・中村氏が満面の笑顔でお出迎え。1980年に乃木坂で開業してから37年、老舗ながらもモダンで洗練された店内は昨年9月にリニューアルしたそう。

昨年9月にリニューアルされた店内(店舗提供写真)

実は今回、結婚1周年記念ディナーとして選んだのがこの『Restaurant FEU』。まずは結婚記念日を祝って乾杯したいものの、あまりワインの銘柄に詳しくない私は、食前酒に何を頼むべきか右往左往…するかと思いきや、ソムリエが常駐しているので安心を。

いまの気持ちをニュアンスで伝えただけで、相応しいシャンパンをソムリエがセレクトしてくれました。無事祝杯をあげ、ここまでのところお店の雰囲気、ソムリエのスマートさに申し分がないことを確認。いよいよ注目の料理に迫ります…

©Naoya Koitabashi(以下同) ソムリエが選んだシャンパンでまずは乾杯

ミシュラン1つ星フレンチのディナーが7,500円⁉

ミシュラン星付フレンチと言えば、ディナーの相場は1.5万、いや2万円以上が当たり前。その一方で、今回カジュアルコースとはいえ7,500円、しかも「肉料理または魚料理」ではなく「肉料理も魚料理」も含まれるというのだから軽い衝撃を受けずにはいられません。

まず運ばれてきたのは、アミューズ ブーシュ「カボチャのエスプーマ」。ムース上に仕立てたカボチャに甘く煮詰めたサツマイモが添えられ、ケシの実が振りかけられたひと皿。口の中で優しく解ける甘みが食欲を掻き立て、これから始まる素敵なストーリーを予感させる逸品です。

【アミューズ ブーシュ】カボチャのエスプーマ

自家製のパンをいただいていると、思わず「おぉっ」と叫んでしまうほど鮮やかに盛られた前菜「網焼きにしたタスマニアサーモンのミ・キュイ テリーヌ仕立て」がお目見え。解くと肉厚のサーモンやヤングコーンなど“お宝”がゴロゴロ溢れてくるのが愉しくて、自然と会話も弾みます。

【前菜】網焼きにしたタスマニアサーモンのミ・キュイ テリーヌ仕立て

美味しいパンも3個目になった頃、これまた美しい盛り付けで運ばれてきたのが魚料理「的鯛のポワレと手長海老のロースト」。香ばしく焼き上げた肉厚の的鯛、甘みのあるプリプリの手長海老、旨みが凝縮されたトマトのコンフィ、2種の食感に仕上げられたアスパラガス、チーズのアクセントが秀逸です。

【魚料理】的鯛のポワレと手長海老のロースト、アメーラトマトのコンフィとグリーンアスパラガスのエテュベ

そしてついにメインの肉料理「エゾ鹿腿肉のロースト、森林風」のお出まし。エゾ鹿のモモ肉をクルミオイルに2週間漬け込み、酸化を防ぎながら熟成することで、独特の臭みがなく筋肉が弛緩して柔らかく仕上がった肉は、言われなければジビエと気づかないほど。やはりミシュラン、味が星の決め手のようです。

【肉料理】エゾ鹿腿肉のロースト、森林風 丹波栗のグラッセと、ビーツ・根セロリのピュレ

エピローグ:満腹からの、怒涛のデザート3連発

カジュアルコースのはずが、すでに満腹になってしまった覆面編集部員。ここから怒涛のデザートラッシュが始まることは露知らず。しかしここは覆面編集部員の意地を見せ、最後まで美味しく平らげ、“夢心地の覆面調査”は無事完了となりました。

【口直しの小さなデザート】フルーツのカクテル仕立て
【メインのデザート】フレッシュチーズケーキ、木イチゴのソースとアイスを添えて
【ミニャルディーズ】チョコレートのマカロン、パッションフルーツとココナッツをまぶしたギモーヴ

結論:ミシュラン覆面調査員の選球眼は確かだった

辛口編集部員として潜入したはずが、すっかり魅せられてしまった私…“ミイラ捕りがミイラに”とはこんな時に使うのでしょう。しかしながら納得いかないのは、ミシュラン覆面調査員の方が辛口だったこと。私なら3つ星をつけますからね。兎にも角にも、ミシュラン掲載店の実力を実感できた“覆面調査”でした。

■今回利用したプランはこちら
¥7,500 — “ミシュラン1つ星”6年連続認定 至極の正統派フレンチディナー 特別21%OFF

Restaurant FEU
公式ウェブサイト: http://www.feu.co.jp/
TEL: 03-3479-0230
アクセス: 東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」3番出口前

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone
Show 0 Comments